[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング入江聖奈、現役最後の大会で96秒瞬殺劇 27日決勝へ「なんか卒業式みたい」

アマチュアボクシングの全日本選手権第4日は26日、東京・墨田区総合体育館で各階級の準決勝が行われた。女子フェザー級では、大会後に引退する東京五輪同級金メダリストの入江聖奈(日体大)が美坂穂香(チャンプスポーツボクシングクラブ)に初回1分36秒RSC(レフェリーストップコンテスト)勝ち。2年連続3度目の優勝へ、27日の決勝に臨む。

全日本選手権女子フェザー級準決勝で勝利した入江聖奈【写真:浜田洋平】
全日本選手権女子フェザー級準決勝で勝利した入江聖奈【写真:浜田洋平】

アマチュアボクシング全日本選手権

 アマチュアボクシングの全日本選手権第4日は26日、東京・墨田区総合体育館で各階級の準決勝が行われた。女子フェザー級では、大会後に引退する東京五輪同級金メダリストの入江聖奈(日体大)が美坂穂香(チャンプスポーツボクシングクラブ)に初回1分36秒RSC(レフェリーストップコンテスト)勝ち。2年連続3度目の優勝へ、27日の決勝に臨む。

 入江の圧勝だった。「よっしゃ!」と気合いを入れて開始のゴングが鳴る。ノーガードから巧みに上半身を動かして相手のパンチをかわすと、リズムに乗った。ボディー、ストレートなどを浴びせ、開始50秒ほどでスタンディングダウンを先取。再開後も手を緩めることなく2度目のダウンを奪って決勝進出を決めた。

「今日は監督から自由にしていいと言われていた。本能のまま頑張りました。引退とかあまり考えないようにしています。なんか卒業式みたい。寂しさもあるし、次の道に進む希望のような感覚。不思議な感じですね」

 五輪後は日本女子初の金メダルの快挙に加え、カエル好きの明るいキャラクターでテレビ番組などに引っ張りだこ。しかし、ボクシングは大学で引退すると決めた。最後の国際大会となった今月上旬のアジア選手権は準優勝。試合後にゲームのモンスターハンターに熱中しようとしたが、「気持ちが最悪だった。ゲームをしながら涙が出てきて。技量不足を痛感した」と明かした。それでも、引退に迷いはない。

「気分で辞めると言ったわけではない。覚悟を持って辞めるので気持ちは変わらないです」

 来春の大学卒業後はカエルの研究のため、猛勉強の末、9月に合格した東京農工大大学院に進学する。小学3年生から始めたボクシング。「14年間、あっという間だった。日本一しか狙っていないので、絶対に狙いたいです。明日は内容よりも勝てたらいい」。最後のリングを華々しく飾る。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集