[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、「9.35秒カウンター」に撃沈 スペイン紙脱帽「ボルトの記録より短時間ゴール」

日本、「9.35秒カウンター」に撃沈 スペイン紙脱帽「ボルトの記録より短時間ゴール」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。2点のリードを追いつかれ、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝ゴールを献上した。日本を沈めたカウンターは、わずか「7タッチ」で「9.35秒」だったことをスペイン紙が紹介。「スピードに乗った赤い悪魔を止めるのは不可能」と称賛している。

ロスタイムに逆転ゴールを決め喜ぶベルギー代表【写真:Getty Images】
ロスタイムに逆転ゴールを決め喜ぶベルギー代表【写真:Getty Images】

決勝ゴールの速攻は5人、7タッチ、9.35秒と紹介「完璧なカウンターを披露」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。2点のリードを追いつかれ、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝ゴールを献上した。日本を沈めたカウンターは、わずか「7タッチ」で「9.35秒」だったことをスペイン紙が紹介。「スピードに乗った赤い悪魔を止めるのは不可能」と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 チャンスが一転、ピンチに変わり、そして、日本の戦いが終わった。後半49分だった。左CKに立ったのはMF本田圭佑。ゴールから逃げるボールを蹴り込んだが、これを世界屈指のGKクルトワがキャッチ。すると、次の瞬間だ。

 MFデブライネにスローイングでパスを出すと、ベルギーが一気にエンジン全開となった。デブライネはセンターサークル付近まで駆け上がり、さらに右サイドの裏のスペースへ展開。日本も全速力で戻るが、追いつけない。DFムニエが受けると、鋭いクロスをゴール前に入れ、FWルカクがスルーした背後でMFシャドリが左足で蹴り込んだ。勝負が決した瞬間だった。

 スペイン紙「マルカ」は「ベルギーが日本相手に完璧なカウンターを披露:9秒で7タッチ」と題し、実際の写真をもとにした展開図を用いて特集している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー