[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本、“悪魔”に見せた“侍”の矜持 ベルギー放送局「地獄の淵から這い上がった」

日本、“悪魔”に見せた“侍”の矜持 ベルギー放送局「地獄の淵から這い上がった」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。一時は2点を先行するなど、FIFAランク3位の格上を追い詰めた。肝を冷やしたベルギーメディアも劇的な試合をレポートしている。

日本代表は一時は2点を先行するなど、FIFAランク3位の格上を追い詰めた【写真:Getty Images】
日本代表は一時は2点を先行するなど、FIFAランク3位の格上を追い詰めた【写真:Getty Images】

大逆転勝ちのベルギーメディアも報道「悪魔は日本との地獄から這い上がった」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。一時は2点を先行するなど、FIFAランク3位の格上を追い詰めた。肝を冷やしたベルギーメディアも劇的な試合をレポートしている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界にインパクトを与えた日本。何よりも、サムライの脅威を感じていたのは、赤い悪魔の母国だった。ベルギー国営放送「RTBF」は、こう見出しを打って試合をレポートしている。

「悪魔は日本との地獄から這い上がり、準々決勝でブラジルと対戦」

 一時は2点のビハインドを追ったベルギー。後半24分のDFヤン・ベルトンゲンのラッキーなヘディングシュートから一気にムードが変わり、3得点で大逆転勝ちを演じた。その戦いは「地獄」ともいうべき内容だったようだ。

 前半、日本は防戦一方に攻め込まれながらスコアレスで折り返し、後半3分にカウンターからMF原口元気の右足一閃で先制すると、4分後にはMF乾貴士の無回転ミドルで一時は2-0とリードした。

 誰も予想だにしなかった展開。90年イタリア大会の得点王、元イングランド代表FWゲリー・リネカー氏も「日本と当たらなくて良かった」とツイートするほどの衝撃を与えていた。

 前評判を覆す活躍を見せたサムライ・ブルー。胸を張るべき4試合、360分の戦いだった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー