[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本に「0-2」から見せた“心”の強さ デブライネ「信じる気持ちは失わなかった」

日本に「0-2」から見せた“心”の強さ デブライネ「信じる気持ちは失わなかった」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。2点のリードを追いつかれ、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝ゴールを献上した。一方、劇的な大逆転劇を演じたベルギー代表MFケビン・デブライネは「0-2の時でも信じる気持ちは失わなかった」と振り返っている。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

ケビン・デ・ブライネ【写真:Getty Images】
ケビン・デ・ブライネ【写真:Getty Images】

よもやの展開から大逆転劇「チームが目指しているものを表すことできた」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は2日、決勝トーナメント1回戦で日本はベルギーに2-3で逆転負け。初の8強進出はならなかった。2点のリードを追いつかれ、最後は後半アディショナルタイムにカウンターから決勝ゴールを献上した。一方、劇的な大逆転劇を演じたベルギー代表MFケビン・デブライネは「0-2の時でも信じる気持ちは失わなかった」と振り返っている。スペイン紙「マルカ」が伝えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 “赤い悪魔”が底力を発揮した。圧倒的に攻め込みながら、後半開始早々に立て続けに失点したベルギー。誰もがジャイアントキリングを予感した。しかし、ここからが強かった。後半24分にDFベルトンゲン、同29分にMFフェライニがお返しとばかりに立て続けにゴールを見舞った。あっという間に同点に追いつき、極め付きは超高速カウンターだった。

 後半49分、MF本田圭佑が蹴り込んだGKクルトワがキャッチ。MFデブライネにパスを出すと、一気にエンジン全開となった。デブライネはセンターサークル付近まで駆け上がり、右サイドの裏のスペースへ展開。DFムニエが受けると、鋭いクロスをゴール前に入れ、FWルカクがスルーした背後でMFシャドリが左足で蹴り込んだ。

 ついに完成させた大逆転劇。歓喜の輪の中でデブライネも感情を爆発させた。最後のカウンターを「9.35秒」と紹介したマルカ紙の記事では、デブライネは「94分に3-2のゴールを決めたことでチームが目指しているものを表すことができた」と振り返り、不屈の闘争心を見せたことを誇っている。

 さらに「0-2の時でも信じる気持ちは失わなかった」と語ったというデブライネ。「タレント軍団」と語られる非凡な才能に注目が集まるが、真の強さは強靭な心の強さにあったのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー