[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「夫も結婚してダメになったと言われ…」 11年ぶりVの36歳藤田さいき、会見でも涙

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝で、会見では「(涙で)コンタクトがとれた。少し皆さんの顔がぼやけてます」と笑った。

大王製紙エリエールレディス、優勝を決めてガッツポーズする藤田さいき【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディス、優勝を決めてガッツポーズする藤田さいき【写真:Getty Images】

大王製紙エリエールレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは20日、愛媛・エリエールGC松山(6575ヤード、パー71)で最終日が行われ、1打差の2位で出た36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が4バーディー、ボギーなしの67の通算21アンダーで優勝した。11年35日ぶりのツアー通算6勝目。1988年のツアー制施行後では、史上2番目のブランク優勝で、会見では「(涙で)コンタクトがとれた。少し皆さんの顔がぼやけてます」と笑った。

 ウィニングパットを沈め、泣いた。前半で2つ伸ばした藤田。13番のバーディーで単独首位に立つと、15番でも1つ伸ばし、同じ最終組で回った2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛とのデッドヒートを繰り広げた。最終18番で優勝を決める約1メートルのパットを沈め、その場でしゃがみ込んだ。グリーン脇で見守った横峯さくら、原英莉花らも思わず涙。順番にハグで祝福を受けた。

 2011年10月の富士通レディース以来、実に11年35日ぶりの復活V。ピンクの優勝ジャケットをまとって会見場に現れた藤田は、開口一番「とても長かった11年。とても一言で言い表せないが、素直に嬉しい」と感慨深く語った。優勝決定後の涙については「普通ではいられないと思った。私らしくていいかな」と照れ笑いだった。

 10月に11年189日ぶりに優勝した金田久美子に次ぐ、史上2番目のブランクでの優勝。「クミちゃんの試合を見て今日くらい泣いていた。励みになったし、頑張ろうと思った」。今季は3度の2位を含む6度のトップ10入りも、優勝はあと一歩で逃すことも多かっただけに「辛かった涙もたくさん流している。それが報われたと思う」と語った。

 最終戦までキャディーを務める予定だった橋本道七三(みちひさ)さんが、10月に食道がんのため亡くなった。早くから病気のことは知っていたが、本人の希望もあって明かさず。「昨日の池に入りそうなショットも我慢しましたし、見守ってくれてるのかな」と感謝した。

 優勝スピーチで橋本さんとともに感謝の言葉を伝えたのが、「一番近くで支えてくれた」という夫。会見でも話題に挙がると「彼も多分、結婚してダメになったとか直接言われて大変な思いをしているのを見てきた。それでも私ができる限りゴルフに集中できるように、2人で優勝目指して頑張ろうとずっと言っていたので……」と再び涙。「ず~っと前向きなことしか言わないですし、苦しくて辛くなった時でも大丈夫って、一番近いところで支えてくれた人なので……感謝の気持ちしかないですね」と話した。

 優勝の瞬間を見届けた横峯らについては「いろんな時代というか、一緒にやってきている仲間なので、待っていてくれて嬉しかった」と正直な思いを語った。22日に37歳となるベテラン。優勝賞金1800万円を獲得し、年間の獲得賞金額は7759万8586円に。05年のプロデビュー以来、最高を更新した。「勝てるというのが確信になった。できる限り長く続けられるように頑張りたい」。まだまだ第一線で戦うと誓い、最終戦に臨む。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集