[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

GP連勝りくりゅうを支えた50枚超の日本国旗 海外称賛「素晴らしい!」「誇りに思う」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯は19日、札幌でペアのフリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の昨季世界選手権銀メダルペア・三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が137.91点、合計自己新の216.16点で大会初優勝を果たした。直後には観客席をバックに記念撮影。コーチも納まった画像に対し、海外ファンから「素晴らしい!」「誇りに思う」と反響が集まった。

NHK杯ペアのフリーを終えキス&クライで喜ぶ三浦璃来、木原龍一組【写真:Getty Images】
NHK杯ペアのフリーを終えキス&クライで喜ぶ三浦璃来、木原龍一組【写真:Getty Images】

りくりゅうの記念撮影に反響

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦NHK杯は19日、札幌でペアのフリーなどが行われ、ショートプログラム(SP)首位の昨季世界選手権銀メダルペア・三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)が137.91点、合計自己新の216.16点で大会初優勝を果たした。直後には観客席をバックに記念撮影。コーチも納まった画像に対し、海外ファンから「素晴らしい!」「誇りに思う」と反響が集まった。

 りくりゅうが喜びに浸った。赤いシートが敷かれたリンク。ポーズを取った木原、三浦の隣で肩を寄せたのは、ブルーノ・マルコットコーチだった。笑みを浮かべ、背後の客席には大勢のファン。写っているだけでも50枚以上の日の丸が掲げられ、りくりゅうの奮闘を支えていた。

 画像をツイッターに公開したマルコットコーチは、文面に「連勝でGPファイナルを決めたリク・ミウラ、リュウイチ・キハラをとても誇りに思う!」と記して投稿。海外ファンから「おめでとう! 素晴らしい!」「見るのが本当に楽しい。ファイナルも頑張って」「ありがとう。彼らを誇りに思う」と称賛された。日本人ファンも「また喜べますように!」「素晴らしいチーム」と注目している。

 りくりゅうはSPで世界歴代5位の自己ベスト78.25点で首位発進した。今季はスケートカナダに続き、ペアの日本勢初となるGP連勝の快挙。12月のファイナル(トリノ)進出を決めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集