[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MVPならず米記者たちから異論噴出「本当に馬鹿げてる」「無冠だなんて…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、最終候補入りしていた全米野球記者協会(BBWAA)が選出するア・リーグ最優秀選手(MVP)の2年連続受賞はならなかった。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初受賞。米記者らから「理解できない」と異論が噴出した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平は2年連続MVPならず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、最終候補入りしていた全米野球記者協会(BBWAA)が選出するア・リーグ最優秀選手(MVP)の2年連続受賞はならなかった。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初受賞。米記者らから「理解できない」と異論が噴出した。

 ジャッジは1位票28人、2位票2人の圧勝。大谷は1位票2人、2位票28人だった。発表前からジャッジ優勢の声が多く挙がっていたが、大活躍した二刀流の落選に納得のいかない人もいるようだ。米記者らはツイッターで即座に反応した。

 米紙「ワシントン・ポスト」のスポーツ記者ニール・グリーンバーグ氏は、「ショウヘイ・オオタニが2021年満票でMVPになり、2022年はさらにいいシーズンを送ったのに、MVP票を失ったのは理解できない」と不満げ。さらに米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の女性レポーター、エリカ・ウェストンさんは「MLB史上最も驚くべきシーズンなのに、賞が何もないなんて」とつづった。

 ウェストンさんの投稿に返信したのは、同局で解説者を務める球団OBのマーク・グビザ氏。「本当に馬鹿げているよ、エリカ。私たちはスポーツ史上最高のシーズンを毎日直接見ていた。何ものもこれを変えることはできない。私たちは恵まれている」と記した。

 昨季満票でMVPを受賞した大谷は、投手として15勝、防御率2.33、219奪三振、打者としても打率.273、34本塁打、95打点、11盗塁など史上初となる投打規定到達。リーグ新の62本塁打を放ったジャッジ、アストロズのヨルダン・アルバレス外野手とともに最終候補入りしていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集