[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平MVPに投票した米記者が理由強調 「私が非難されるのは仕方ないと思う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、最終候補入りしていた全米野球記者協会(BBWAA)が選出するア・リーグ最優秀選手(MVP)の2年連続受賞はならなかった。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初受賞。大谷に1位票を入れた米記者は「なぜ、私はア・リーグMVPでオオタニに投票したか」と理由を説明した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平は2年連続MVPならず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、最終候補入りしていた全米野球記者協会(BBWAA)が選出するア・リーグ最優秀選手(MVP)の2年連続受賞はならなかった。ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初受賞。大谷に1位票を入れた米記者は「なぜ、私はア・リーグMVPでオオタニに投票したか」と理由を説明した。

 ジャッジは1位票28人、2位票2人の圧勝。大谷は1位票2人、2位票28人だった。発表前からジャッジ優勢の声が多く挙がっていたが、大谷に1位票を入れた米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のサム・ブラム記者は、理由を説明する記事を掲載した。

 今回の投票の前提として、「ショウヘイ・オオタニとアーロン・ジャッジはりんごとみかん。彼ら2人は完全に異なった存在。同じ賞で比較するのは難しく、満足することはできない」と強調。「私が、ジャッジに投票すべきだった理由が100個はあるということは自覚している」とジャッジの素晴らしさからつづった。

 その上で、大谷について「彼はリーグ最高の投手ではなく、リーグ最高の打者でもなかった。しかし、両方でトップ5に入る存在だ。それが(私の思う)価値観だ」と投票理由を示した。「MVPはチームの選手層や強さを反映させるべきでないというのが私の考え」とエンゼルスとヤンキースの違いについても記している。

 どちらがMVPを受賞しても、反論が出ることは避けられないスーパースター同士の活躍。同記者も「私の投票が非難されるのは仕方のないことだと思っている」と理解を示し、「その人の持つ価値観によるもの。誰が最高か? 誰が最も傑出しているのか? 誰が一番自分のチームにいてほしいか? 私にとってそれが2022年のオオタニだった」と持論を伝えた。

 昨季満票でMVPを受賞した大谷は、投手として15勝、防御率2.33、219奪三振、打者としても打率.273、34本塁打、95打点、11盗塁など史上初となる投打規定到達。リーグ新の62本塁打を放ったジャッジ、アストロズのヨルダン・アルバレス外野手とともに最終候補入りしていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集