[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

引退10年後に23kg超の大幅減量 44歳ボクサーに対戦相手も感服「変化に大変驚いた」

ボクシングの往年の名選手が大幅な減量に成功した。44歳の元世界2階級制覇王者リッキー・ハットン氏(英国)は12日(日本時間13日)、48歳の元世界3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ氏(メキシコ)と英マンチェスター・AOアリーナでエキシビションマッチを行う。英記者は、1年前に210ポンド(約95.25キロ)以上あったハットン氏が23キロ以上落とした比較画像を公開。対戦相手のバレラ氏も「変化に大変驚いた。凄い」と語っている。

元世界2階級制覇王者のリッキー・ハットン氏【写真:Getty Images】
元世界2階級制覇王者のリッキー・ハットン氏【写真:Getty Images】

44歳リッキー・ハットンの肉体美とは

 ボクシングの往年の名選手が大幅な減量に成功した。44歳の元世界2階級制覇王者リッキー・ハットン氏(英国)は12日(日本時間13日)、48歳の元世界3階級制覇王者マルコ・アントニオ・バレラ氏(メキシコ)と英マンチェスター・AOアリーナでエキシビションマッチを行う。英記者は、1年前に210ポンド(約95.25キロ)以上あったハットン氏が23キロ以上落とした比較画像を公開。対戦相手のバレラ氏も「変化に大変驚いた。凄い」と語っている。

 エキシビションでも仕上げてきた。昨年11月、ハットン氏はボクサーとは思えぬふっくらした体形。腹は出ており、二重顎だった。しかし、1年間で大幅減量。腹筋は割れ、凛々しい表情になった。両腕で力こぶをつくり、筋骨隆々の肉体美を見せつけた。

 英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者は、ツイッターに1年前と今の画像を並べて公開。今回に向けて159.5ポンド(約72.34キロ)に仕上げてきたという。海外ファンからは「マジでシャープ」「減量キング」と驚愕した様子の声が上がっていたが、英衛星放送局「スカイスポーツ」も注目した。

「マルコ・アントニオ・バレラはリッキー・ハットンの肉体改造に誇りを持っている」の見出しで記事を掲載。バレラ氏は「リッキーの体の変化に大変驚いた。凄いと思う。幸せだ」と感服したという。一方、ハットン氏も「エキシビションだが、競争心が生まれた戦いになると思う。なぜなら、俺たちは互いを誇りに思うファイターだからだ。自分の正義を貫きたい。マルコが貫いたように」と敬意を込めている。

 現役時代のハットン氏はスーパーライト級、ウェルター級で2階級制覇。フロイド・メイウェザー氏、マニー・パッキャオ氏に敗れはしたが、数々の名ファイトでファンを沸かせた。現役最後の試合は2012年。バレラ氏と対戦したことはなかった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集