[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬場咲希、笑顔があふれた13位発進 女性キャディーには「今日は何されるかと…(笑)」

女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕した。17歳の馬場咲希(代々木高2年)が、4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダーとし、首位に3打差の13位につけた。今季からツアーに出始めて今大会で7試合目。予選落ちした10月のNOBUTA GROUPマスターズGCレディースでコンビを組んだ女性キャディーとは“リベンジ”を誓っており、この勢いで楽しみながら上を目指す。

伊藤園レディス初日をプレーする馬場咲希【写真:Getty Images】
伊藤園レディス初日をプレーする馬場咲希【写真:Getty Images】

伊藤園レディス初日

 女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕した。17歳の馬場咲希(代々木高2年)が、4バーディー、1ボギーの69で回って3アンダーとし、首位に3打差の13位につけた。今季からツアーに出始めて今大会で7試合目。予選落ちした10月のNOBUTA GROUPマスターズGCレディースでコンビを組んだ女性キャディーとは“リベンジ”を誓っており、この勢いで楽しみながら上を目指す。

 最終18番パー4。パーで終えた馬場は、鈴木理恵キャディーに肩をポンポンとたたかれた。「頑張ったね」の意味を込めた労いのアクションで、馬場もニコリと微笑んだ。ただ、少しの警戒もあった。

「今日は何をされるのかな……と思って(笑)」

 10月のNOBUTA GROUPマスターズGCレディース第2日の最終18番パー4。鈴木キャディーは、馬場の左頬を軽くつねった。予選落ちが確実となって気落ちしていたことを察し、励ましの意味があったが、馬場は「行動が読めなくて、ビックリしていました」。だからこそ、「今日も何かされるのかな~と思っていました」という。

 だが、この日の馬場には多くの笑顔が見られた。2番パー3で7メートルのバーディーパットを沈めると、4番パー4からは3連続バーディー。一時は首位に立った。ショットも好調で、前半はフェアウェーを1度も外さなかった。後半は、ドライバーショットが曲がり始めたが、1ボギーに抑える粘り強さを発揮した。

「今日はとにかく楽しくラウンドしようと思いました。結果は気にせずに」

 今季から国内ツアーに出始めて今大会で7試合になった。「ギャラリーの人たちがいるので、プロの試合は楽しい」と感じ、4月のヤマハレディース葛城(58位)、5月のブリヂストンレディス(28位)は純粋に楽しめていた。しかし、その後、全米女子オープンで予選突破を果たし、全米女子アマチュア選手権で日本人として37年ぶりの優勝を飾ると、ツアー大会でも「結果を出さなければ」と意識。重圧の比重が楽しさを上回るようになった。

「やっぱり、状況が変わったので……。でも、プロの試合に出させてもらえるありがたさを感じています。なので、また『楽しもう』と思いました」

 同組の渡邉彩香、原英莉花はツアー屈指のロングヒッターで、ドライバーショット270ヤードの飛距離を持つ馬場も対抗はしていたが、セカンドオナー(第2打を一番先に打つ選手)になることが多かった。だが、それもうれしかったようだ。

「お二人がすごくて、アゲンストの時も強い球を打たれていました。それがすごく勉強になりました」

 鈴木キャディーと談笑する場面も多くあり、「いろいろと笑わせてくれました」。今大会でコンビ再結成が決まった時には、「(予選落ちの)リベンジするよ」と声も掛けられている。

 馬場は「結果は気にせずに」というが、首位に3打差の好位置。このままショット、パットの調子を維持できれば、優勝争いに顔を出す可能性は大いにある。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集