[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬場咲希が「世界は広いな~」と実感 タイで同組になった選手が「私と40yくらい違った」

女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕する。前日の10日は17歳の馬場咲希(代々木高2年)が取材対応。前週は、タイで開催されたアジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権に出場し、ドライバー飛距離270ヤードの自身が圧倒されるロングヒッターに出会ったことを明かした。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

11日から伊藤園レディス

 女子ゴルフ国内ツアー・伊藤園レディス(6741ヤード、パー72)が11日、千葉・グレートアイランドCで開幕する。前日の10日は17歳の馬場咲希(代々木高2年)が取材対応。前週は、タイで開催されたアジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権に出場し、ドライバー飛距離270ヤードの自身が圧倒されるロングヒッターに出会ったことを明かした。

 全米女子アマチュア選手権覇者の馬場が、また「世界」を知った。アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権を6位で終え、7日に帰国。8日からコース入りするハードスケジュールだが、取材陣に囲まれると、驚愕の経験を口にした。

「(前週)予選ラウンドを一緒に回ったタイの選手が凄く飛ぶ人で、『世界は広いな~』と思いました。風とかも全く関係なく、297ヤードのバンカーをキャリーで越えたり、310ヤードくらいの木の目の前までいっていたり、凄すぎて毎回、飛距離をチェックしちゃいました。ちょっと、ビックリして観客みたいになって。それが本当に刺激になりました」

 選手の名は、ナッタクリッタ・ウォンタウィラップ。ドライバー平均飛距離300ヤードを超えるパワーヒッターとして知られる20歳で、タイのアマチュアNo.1として君臨している。馬場自身も5月のブリヂストンレディスでは、300ヤード超のショットを放っていたが、今夏4度の海外遠征後は体重減で飛距離が落ちており、「40 ヤードくらい違いますし、私のドライバーと(ウォンタウィラップの)5番ウッドが同じくらいの飛距離でした」と表現した。

 もっとも、馬場の武器には、ピンを狙うアイアンショットもある。今季からツアーに出場し始めて、今大会で7試合目。次週の大王製紙エリエールレディスが自身の今季最終戦になることから、「プロの試合に出られる喜びを再確認できたので、とにかく楽しみながら、結果を気にせず、全力で頑張りたいです」と言い、前を向いた。

 11日の初日は、原英莉花、渡邉彩香と同組。午前9時20分にスタートする。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集