[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子が最終プロテスト不合格者にエール「また1年、唇を噛みしめて頑張ってほしい」

女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック第2日(6616ヤード、パー72)が4日、滋賀・瀬田GC北Cで行われた。首位タイで出た上田桃子(ZOZO)は、5バーディー、2ボギーの69で回って通算10アンダーとし、単独首位に立った。ツアー通算17勝(海外1勝を含む)の36歳。若手が淡々とプレーし、結果を残していく姿に学んでいることを明かし、この日終了した最終プロテストにも言及。不合格者へエールを送った。

TOTOジャパンクラシック、第2日をプレーする上田桃子【写真:Getty Images】
TOTOジャパンクラシック、第2日をプレーする上田桃子【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシック第2日

 女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック第2日(6616ヤード、パー72)が4日、滋賀・瀬田GC北Cで行われた。首位タイで出た上田桃子(ZOZO)は、5バーディー、2ボギーの69で回って通算10アンダーとし、単独首位に立った。ツアー通算17勝(海外1勝を含む)の36歳。若手が淡々とプレーし、結果を残していく姿に学んでいることを明かし、この日終了した最終プロテストにも言及。不合格者へエールを送った。

 17番パー4。上田は超ロングパットを決めて単独トップに立った。

「カップまで19歩(約15メートル)、ありましたね。狙っていたパー5の16番、18番で獲れず、17番でバーディーが来ました(笑)」

 それでも、大げさに喜ぶことはなく、バーディーを逃した16番、18番でもクールに振舞った。理由は「淡々とプレーする」と心掛けていたからだ。

「自分ができないので、できている若い選手を見て『いいな』と思っています。例えば、さくちゃん(小祝さくら)がそうですね。ガツガツしないで結果になっているし、そっちの方が正解だと思います」

 今季既に2勝を挙げている19歳の川崎春花もそのタイプ。1年前、2021年度の最終プロテストに合格したルーキーだ。上田はこの日、22年度最終プロテストの合否が出たことを知り、思いを語った。

「今の子はレベル層が厚いだけでなく、一年間かかっているという重圧があります。ゴルフは、どうしてこんなに自分の実力を出すことが難しいのかと思う。気負いだったりもありますし……。ただ、そこを乗り越えないといけないんですよね。なので、落ちた人は、これからの時間を大切にしてほしいですし、また1年、唇をかみしめて頑張ってほしいです。通った人は、うまい先輩たちがたくさんいるので、気を抜かずに頑張ってほしいです」

 上田は高校卒業後、2005年の最終プロテストに一発合格。3位で突破しているが、「思い出したくないくらいで、もう1回は死んでもやりたくない1週間だったのは覚えています」と実感を込めた。今年度のテストについては、同じ辻村明志コーチに師事する六車日那乃、吉田優利の妹・鈴に注目していたというが、ともに不合格。日本女子オープンに一緒に練習ラウンドをした藤井美羽は合格した。

〇…吉田鈴の姉、吉田優利はテストの最終結果が出る前だったが、妹のことに言及した。「テスト前に声はかけていません。緊張もしていると思うので、余計なことを言わないようにしていました」。そして、合格が厳しくなったことを知ると、「まだ先はあります。鈴は鈴のペースで頑張ってほしいです」などと話した。また、渋野日向子は「今回の受験者では、小西瑞穂ちゃんと仲良くしています」と話していたが、小西は1打届かずの21位で不合格となった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集