[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

森保ジャパン陣容に韓国メディア冷ややか 若手抜擢に「死の組にいる国の決定と思えず」

日本サッカー協会(JFA)は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会に臨む日本代表メンバー26人を発表した。同じアジアから出場する韓国の地元メディアも、森保一監督が率いて8強以上を目指す日本代表の陣容に注目。フレッシュな顔ぶれについて「死の国に属しているチームの決定とは思えない」と指摘した。

日本代表メンバー26人を発表した森保一監督【写真:Getty Images】
日本代表メンバー26人を発表した森保一監督【写真:Getty Images】

韓国メディア「自信と傲慢は紙一重」

 日本サッカー協会(JFA)は1日、ワールドカップ(W杯)カタール大会に臨む日本代表メンバー26人を発表した。同じアジアから出場する韓国の地元メディアも、森保一監督が率いて8強以上を目指す日本代表の陣容に注目。フレッシュな顔ぶれについて「死の国に属しているチームの決定とは思えない」と指摘した。

 発表を受け、韓国メディア「xportsnews」は「自信と傲慢は紙一重…日本が戦う『死の組』」と題した記事を掲載。「自信を持つのはいいことだが、下手をすれば傲慢になりかねない。カタールW杯『死の組』に属している日本が最終リストに若手選手を大挙抜擢した」と冷ややかに論評した。

 メンバーについて「最終リストで目立つ点は若く経験の少ない選手たちの大量抜擢だ」と指摘。「26人のうち、満25歳以下の選手はなんと11人。彼らのうち5人は国際Aマッチ出場が10試合にも満たず、W杯で死の組に属しているチームが下した決定とは思えない」とフレッシュな顔ぶれに疑問を呈した。

 記事では、スペイン、ドイツ、コスタリカという強敵がひしめくE組の面々を紹介。近年はトップ選手も若くなっている世界の流れも踏まえながら「W杯のようなトーナメントでも、粘り強い組織力と強力な圧迫を90分間維持するためには、若い選手たちの活躍が重要だ」とし、「特にスペインのように短いパスが中心のチームを相手に強力な圧迫は非常に効果的だ。日本がこの点を狙って若い選手を選んだ可能性もある」と分析した。

 一方で、強豪相手のリスクも指摘した。「ただ、国際試合経験の少ない選手が多ければ、簡単に流れを譲ったり、試合を覆したりできない危険も共存する。スペイン、ドイツのようなチームを相手にしてはなおさらだ」と評し、記事は「死の組に対する日本の今回の決定が自信になるのか、あるいは傲慢さで終わるのか、今後が注目される」と締めくくった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集