[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メッシは「朝と夜くらい違った」 復活のエースを母国紙絶賛「今夜は容赦なかった」

メッシは「朝と夜くらい違った」 復活のエースを母国紙絶賛「今夜は容赦なかった」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグは26日、D組で最下位アルゼンチンがナイジェリアに2-1で勝利。勝ち点4の2位で逆転突破を決めた。観戦した母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏が大興奮で身を乗り出し、周囲に抑えられる様子がタイタニックのようだと海外メディアに笑撃が広がるなど話題を呼ぶ一戦となったが、エースFWリオネル・メッシはチームに勢いをもたらす今大会初ゴールをマーク。母国紙は「今夜は容赦なかった」「本来のメッシが現れた」などと絶賛している。

リオネル・メッシ【写真:Getty Images】
リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

ナイジェリア撃破で逆転突破、アルゼンチン紙「本来のメッシが現れた」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグは26日、D組で最下位アルゼンチンがナイジェリアに2-1で勝利。勝ち点4の2位で逆転突破を決めた。観戦した母国の英雄ディエゴ・マラドーナ氏が大興奮で身を乗り出し、周囲に抑えられる様子がタイタニックのようだと海外メディアに笑撃が広がるなど話題を呼ぶ一戦となったが、エースFWリオネル・メッシはチームに勢いをもたらす今大会初ゴールをマーク。母国紙は「今夜は容赦なかった」「本来のメッシが現れた」などと絶賛している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「メッシの幸せでワイルドな白い夜」と見出しを打って特集したのは、アルゼンチン紙「ラ・ナシオン」だった。

 記事では「前回の2戦と比べてキャプテンの表情は明るく、ゴラッソと質の高いプレーを見せた」「メッシは試合終了間近にVAR判定で相手に与えられたPKに対する不満を審判に表すくらい今夜は容赦なかった」とプレーを評している。

 前半14分に叩き込んだゴールシーンを「本来のメッシが現れた、光輝く存在、彼がゴラッソを入れた」と表現。2戦連続不発だったことは今後も疑問が残るとしながら「代表にとって大切なのはメッシがメッシとして戻ったことだ」と記している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー