[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「日本戦に言葉は不要だ」 ポーランド監督は選手信頼「この困難な状況に負けないと」

「日本戦に言葉は不要だ」 ポーランド監督は選手信頼「この困難な状況に負けないと」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。敵将は「日本戦の姿勢について、言葉は不要だ。このチームを信じている」と揺るぎない信頼を明かしている。ポーランドメディアが伝えている。

ポーランドのアダム・ナバウカ監督【写真:Getty Images】
ポーランドのアダム・ナバウカ監督【写真:Getty Images】

敗退決定もナバウカ監督は前向き「このチームを信じている」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は28日に第3戦でポーランドと激突する。引き分け以上で突破が決まる一戦に立ちはだかるのは、すでに連敗で敗退が決まっているポーランド。過去に2度、連敗で敗退確定後の第3戦で勝利しており、油断はならない。敵将は「日本戦の姿勢について、言葉は不要だ。このチームを信じている」と揺るぎない信頼を明かしている。ポーランドメディアが伝えている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 どんな状況であっても、求めるのは勝ち点3。ポーランドは前だけを向き、日本に立ち向かう。23日の会見に出席したアダム・ナバウカ監督は、そんな姿勢を象徴する言葉だった。

 ポーランドのスポーツ紙「PRZEGLAD SPORTOWY」によると「状況の重みについて完全に承知している」と語った指揮官。ブンデスリーガ得点王のエースFWレバンドフスキを擁したが、初戦のセネガル戦に1-2で敗れると、第2戦のコロンビア戦も連敗を喫した。H組で唯一敗退が決定。その重みを指揮官は痛いほど理解している。

 しかし、ナバウカ監督は選手を信じ、最後まで戦い抜く姿勢を強調している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー