[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

乾貴士は「蛍光ペンでチェックしておいた方が良い」 伊メディアが破格の評価

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、1次リーグH組で日本はセネガルと2-2で引き分け、勝ち点を4として、決勝トーナメント進出に前進した。2度にわたるビハインドをMF乾貴士、MF本田圭佑のゴールで追いつく粘りを発揮した西野ジャパン。今大会の出場を逃したサッカー強国のイタリアメディアはどう見たのか。各選手を採点している。

セネガル戦で活躍を見せた日本代表・MF乾貴士【写真:Getty Images】
セネガル戦で活躍を見せた日本代表・MF乾貴士【写真:Getty Images】

伊メディアが日本戦を採点、乾は両チーム最高の8点

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日(日本時間25日)、1次リーグH組で日本はセネガルと2-2で引き分け、勝ち点を4として、決勝トーナメント進出に前進した。2度にわたるビハインドをMF乾貴士、MF本田圭佑のゴールで追いつく粘りを発揮した西野ジャパン。今大会の出場を逃したサッカー強国のイタリアメディアはどう見たのか。各選手を採点している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 欧州衛星放送「ユーロスポーツ」イタリア版が破格の評価を下したのが、前半34分に見事な同点弾を決めた乾だった。

「1ゴール、1クロスバー、1アシストを記録したエイバル所属の選手である。来シーズンからはレアル・ベティスへ移籍。日本人で初めてカンプ・ノウでバルセロナを相手に得点した人物でもある。称賛に値する能力を持つ選手なので、我々は目立つ蛍光ペンで彼をチェックしておいた方が良い」

 こう寸評して付けた点数は最高評価の「8」。マン・オブ・ザ・マッチに選出されたサディオ・マネの「7.5」を超える、両チームで最高の得点だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集