[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「日本のサッカーは変わった」 2度の劣勢追いつく粘りに韓国メディアも脱帽

「日本のサッカーは変わった」 2度の劣勢追いつく粘りに韓国メディアも脱帽

サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2でドロー。2度のビハインドを追いつく執念を見せつけ、勝ち点を4に伸ばし、グループリーグ突破に前進した。グループで最弱との前評判を覆す戦いを続けている日本。韓国メディアも「日本のサッカーは変わった」と称えている。

セネガル戦で2-2と引き分けた日本【写真:Getty Images】
セネガル戦で2-2と引き分けた日本【写真:Getty Images】

日本代表の粘り強い戦いに韓国メディアは拍手

 サッカー日本代表は24日(日本時間25日)、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の第2戦でセネガルと2-2でドロー。2度のビハインドを追いつく執念を見せつけ、勝ち点を4に伸ばし、グループリーグ突破に前進した。グループで最弱との前評判を覆す戦いを続けている日本。韓国メディアも「日本のサッカーは変わった」と称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 前半11分にGK川島のミスから、相手のエースFWマネに先制弾を許した日本。苦しい展開にも関わらず、前半34分にMF乾のゴールで追いつくと、後半26分に勝ち越されたが、その直後に投入されたMF本田が後半34分に千金の同点ゴールを決めた。

 実に粘り強い戦いで、貴重な勝ち点1をもぎ取った日本を、韓国紙「中央日報」は驚きをもって称えている。

「ゴールするとすぐさま、最後まで粘り……日本のサッカーは変わった」

 日本代表がW杯の舞台で、2度のビハインドを追いつくのは初めて。粘り強くファイトし続ける姿に韓国メディアも拍手を送っている。

「力強いサッカー。2018年ワールドカップで見せているサッカーこそ日本のサッカーだ。セネガル戦では、すぐさま追いつく能力を見せた」

 記事ではこう伝え、W杯開幕前のどん底状態だった日本の姿とは違い、この2戦で見せたサッカーこそが日本のサッカーと称賛している。

 連敗で崖っぷちに追い込まれている韓国でも、日本の強さは認められている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー