[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、転級後の対戦候補に世界的大物プロモーターが警鐘「残酷かつ異常な刑罰だ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が近い将来のスーパーバンタム級転向を視野に入れている中、世界的大物プロモーターが対戦相手候補に警鐘を鳴らした。米メディアが報じた。

WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:浜田洋平】
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥の階級転向後に米注目

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が近い将来のスーパーバンタム級転向を視野に入れている中、世界的大物プロモーターが対戦相手候補に警鐘を鳴らした。米メディアが報じた。

 井上は12月13日に東京・有明アリーナでWBO王者ポール・バトラー(英国)と世界バンタム級4団体王座統一戦を控えている。勝ってアジア人初の4団体王座統一を果たせば、状況次第で1つ上のスーパーバンタム級に転向することを公言。同階級のターゲットの一人が、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)だ。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は、井上がプロモート契約を結んだ米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOのコメントを紹介。米YouTubeメディア「YSMスポーツメディア」に語った内容を引用する形で掲載した。

 記事では「(バトラー戦後に)日本のスターは体重を上げるのではないかと言われている」と説明。アラム氏は「私はその試合を見たいよ」とフルトン戦に触れたそうで、「でも、誰にとってもイノウエと戦うのは残酷かつ異常な刑罰だ」と明かしたという。

 同メディアは「イノウエのプロモーターであるボブ・アラム氏はフルトンに最大級の敬意を払っており、試合調整の交渉を行うつもりだが、両者の対戦を鼻で笑っている」と伝えた。同階級にはWBAスーパー&IBF王者にムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)も君臨。モンスターの4階級制覇の相手となるのは誰になるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集