[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3年7か月ぶりVへ、河本結がダボから意地の首位堅守「怒らなかったのは新しい自分」

女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日が22日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た河本結(RICOH)は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73と苦しみながら、川崎春花(フリー)と並ぶ通算12アンダーで初日からの首位をキープ。首位で最終日を迎えるのは約1年7か月ぶり。勝てば2019年3月のアクサレディス以来、約3年7か月ぶりのツアー通算2勝目となる。

通算12アンダーで初日からの首位をキープした河本結【写真:Getty Images】
通算12アンダーで初日からの首位をキープした河本結【写真:Getty Images】

NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日

 女子ゴルフの国内ツアー・NOBUTA GROUPマスターズGCレディース第3日が22日、兵庫・マスターズGC(6585ヤード、パー72)で行われた。単独首位で出た河本結(RICOH)は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73と苦しみながら、川崎春花(フリー)と並ぶ通算12アンダーで初日からの首位をキープ。首位で最終日を迎えるのは約1年7か月ぶり。勝てば2019年3月のアクサレディス以来、約3年7か月ぶりのツアー通算2勝目となる。

 3日連続で会見場に入った河本は、「よく踏ん張れました」と振り返った。1番パー4の第2打をピン80センチにつけてバーディーを奪ったものの、2番はグリーン奥からのアプローチが2段グリーンの下へ。上段左側に切られたカップまで12メートルで3パットを叩き、ダブルボギーにした。

「アドレナリンが出て2打目でグリーンオーバーさせてしまいました。絶対に寄せられない場所で、ダボは打ちたくないと思いながらダボにした。でも、これも私の一部と考えたで、自分を許せました」

 続く3番パー4も第1打を左ラフに入れたが、第2打を9アイアンでピン側に。フライヤーを計算し、番手を下げたショットでスコアを1つ取り戻した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集