[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュア17歳三浦佳生、自己ベストの首位発進を米メディア称賛「無敵の演技を披露」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが21日(日本時間22日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、男子ショートプログラム(SP)ではシニア1年目の17歳・三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が首位発進した。自己ベストを6.59点更新する94.96点をマーク。米メディアは「無敵の演技を披露」と賛辞を送った。

スケートアメリカ男子SPで首位発進を決めた三浦佳生【写真:Getty Images】
スケートアメリカ男子SPで首位発進を決めた三浦佳生【写真:Getty Images】

フィギュアスケート・スケートアメリカ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが21日(日本時間22日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、男子ショートプログラム(SP)ではシニア1年目の17歳・三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が首位発進した。自己ベストを6.59点更新する94.96点をマーク。米メディアは「無敵の演技を披露」と賛辞を送った。

 三浦は冒頭の4回転サルコー―3回転トウループを決めるなど、海外の観客から大きな歓声を浴びた。演技後は両手でガッツポーズ。今年1月にマークした自己ベストを大きく更新した。

 国際スケート連盟(ISU)はSNSにジャンプ動画を公開。米専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「男子SPは見事でした! カオ・ミウラは最後まで無敵の演技を披露し、称賛に値します。2位はチャ・ジュンファンでわずか0.52点差」と伝えた。

 カナダ紙「グローブ・アンド・メール」で35年間記者として活動したバリー・スミス氏もツイッターを更新。「男子イベントはファンタスティックでした。カオ・ミウラは大砲が撃たれたようにリンクを疾走し、2度の4回転ジャンプを着氷させ、高いGOEを獲得。合計得点94.96点となった」と表現した。フリーは22日(同23日)に行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集