[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

39歳海外フィギュア選手の2位発進を米紙称賛「キャリアは20代前半で終わる必要ない」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが21日(日本時間22日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、ペアのショートプログラム(SP)では39歳のディアナ・ステラートと30歳のマキシム・デシャン組(カナダ)が73.05点で2位発進した。米地元紙は「キャリアは20代前半で終わる必要はない」と報道。2022年世界選手権を制したアレクサ・クニエリム、ブランドン・フレイジャー組(米国)が75.19点で首位。

スケートアメリカペアSP、2位発進となったカナダのディアナ・ステラートとマキシム・デシャン組【写真:ロイター】
スケートアメリカペアSP、2位発進となったカナダのディアナ・ステラートとマキシム・デシャン組【写真:ロイター】

フィギュアスケート・スケートアメリカ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカが21日(日本時間22日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで行われ、ペアのショートプログラム(SP)では39歳のディアナ・ステラートと30歳のマキシム・デシャン組(カナダ)が73.05点で2位発進した。米地元紙は「キャリアは20代前半で終わる必要はない」と報道。2022年世界選手権を制したアレクサ・クニエリム、ブランドン・フレイジャー組(米国)が75.19点で首位。

 カナダペアが高さのあるスロージャンプを披露するなど、ファンを魅了した。2位発進したステラート&デシャン組。米マサチューセッツ州地元紙「ボストン・グローブ」は「SPで煌めきを放った」との見出しで報じた。

 記事内では「ステラートは、金曜のスケート・アメリカのSPが始まる時にパートナーのデシャンを見て、『しくじらないでね』と言っているような顔をした」と説明。「彼女は39歳だが、2番目に年長である選手より8歳も上だ。ステラートはフィギュアスケートのキャリアが20代前半で終わる必要はないということを証明した」と称賛まじりに伝えた。

 2人は先月のチャレンジャーシリーズ・ネーベルホルン杯で優勝。ステラートにとって国際大会での優勝は、シングルに出場した1999年ジュニアグランプリファイナル以来だった。今回の記事では「タンゴをテーマにしたSPの演技はあの夜で最も情熱的であり、華麗だった」と伝えている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集