[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥優位の声に異論 バトラー参謀「タイソンも負けただろ」「過小評価している」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。バトラーのトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏は、不利予想の声も多い中で「みんなバトラーを過小評価していると思う」「最もテクニックに優れた英国人ボクサーの一人だよ」と英メディアに語っている。

WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】

12月に4団体統一戦が決定

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)は12月13日、東京・有明アリーナでWBO世界同級王者・ポール・バトラー(英国)と4団体王座統一戦を行う。バトラーのトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏は、不利予想の声も多い中で「みんなバトラーを過小評価していると思う」「最もテクニックに優れた英国人ボクサーの一人だよ」と英メディアに語っている。

 今年6月にはノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦で2回1分24秒TKO勝ちを収めるなど、圧倒的な強さを見せている井上。バトラーは不利と予想する声も少なくない中、ギャラガー氏は英専門メディア「ボクシング・ソーシャル」の公式YouTubeに出演。「みんなバトラーを過小評価していると思う。彼は自分自身の力で試合の権利を勝ち取った。2度の世界チャンピオンなんだ」と、バトラーの実力が侮られていると語った。

 バトラーは今年4月、WBO王者だったジョンリエル・カシメロ(フィリピン)に挑戦予定だったが、カシメロの規定違反で試合は中止に。同月に代替開催された暫定王座決定戦で同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ちした。その後、カシメロのWBO王座が剥奪されたことでバトラーが正規王座に昇格した。

 ギャラガー氏は「スルタン戦の勝利が十分に評価されていない。バトラーの教科書通りのパフォーマンスだった。今年の英国人ボクサーの中でも最高の一つのパフォーマンスをみせた」と、スルタン相手の判定勝ちに手応えを感じているようだ。

 12月に激突する井上については研究中のようだが「シャープなパンチがあって、非常に素早い。一瞬の動きや反応が良い」と称賛。一方で「しかしドネア戦や、その他いくつかの試合でダメージを負っていた」と話し、こう続けた。

「バトラーには常に言っているんだけど、彼(井上)も人間なんだ。皆、タイソンは負けないと思っていたけど負けただろ。バトラーを軽く見るのは敬意を欠いている。最もテクニックに優れた英国人ボクサーの一人だよ」

 勝てば4団体統一、負ければベルトを失う大一番。アウェーの日本で戦うバトラー陣営だが、番狂わせに燃えているようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集