[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

本田圭佑、ネット上は「本田△」の半端ない嵐再び「さすがケイスケホンダ」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、1次リーグH組で日本はセネガルと2-2で引き分け、勝ち点4。決勝トーナメント進出に前進した。2度のリードを許しながら、途中出場のMF本田圭佑が同点ゴール。3大会連続得点を決め、勝ち点1の原動力となった背番号4に対し、ネット上は「本田△」の嵐。「本田さん、かっけー(三角形)」というスラングで称賛が相次いでいる。

セネガル戦で同点弾を決めた日本代表・MF本田圭佑(中央)【写真:Getty Images】
セネガル戦で同点弾を決めた日本代表・MF本田圭佑(中央)【写真:Getty Images】

同点弾で“手のひら返し”の称賛、「本田さん、かっけー(三角形)」の意

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、1次リーグH組で日本はセネガルと2-2で引き分け、勝ち点4。決勝トーナメント進出に前進した。2度のリードを許しながら、途中出場のMF本田圭佑が同点ゴール。3大会連続得点を決め、勝ち点1の原動力となった背番号4に対し、ネット上は「本田△」の嵐。「本田さん、かっけー(三角形)」というスラングで称賛が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 やっぱり、この男は持っていた。後半、1-1から勝ち越された直後、本田は投入された。そして、同33分だ。MF乾貴士の左サイドの折り返しをゴール前で受けると、冷静にゴール右に左足で流し込んだ。10年南アフリカ、14年ブラジルに続く、3大会連続ゴールは日本に勝ち点1をもたらす同点弾。日本に熱狂を巻き起こした。

 大会前は精彩を欠き、代表メンバー落ちの危機すらあった本田。ファンからも批判に晒されていたが、これ以上ない勝負強さを発揮した。ネット上は一躍、“手のひら返し”で称賛が殺到。溢れたのは、懐かしのあの言葉だった。「本田さん、かっけー(三角形)」が転じた“カッコいい”という意の「本田△」が相次いだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集