[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本の短距離トップ選手、ガチで走った50m「5秒84」に衝撃の声「スタブロなしで…」

7月のオレゴン世界陸上に出場した坂井隆一郎(大阪ガス)が、ガチで走った“50メートル走”で5秒84をマークした。16日のSprint 50 Challenge in 伊丹に出場。ぶっちぎったレース映像には「これが本当の50メートル5秒台!」「スタブロ無しでこの加速」などと衝撃を受けたファンの声が集まっている。

坂井隆一郎【写真:Getty Images】
坂井隆一郎【写真:Getty Images】

Sprint 50 Challenge in 伊丹

 7月のオレゴン世界陸上に出場した坂井隆一郎(大阪ガス)が、ガチで走った“50メートル走”で5秒84をマークした。16日のSprint 50 Challenge in 伊丹に出場。ぶっちぎったレース映像には「これが本当の50メートル5秒台!」「スタブロ無しでこの加速」などと衝撃を受けたファンの声が集まっている。

 男子100メートル元日本記録保持者・桐生祥秀が考案した新たなスプリント種目「Sprint 50」。日本の学校体育では馴染みが深い50メートル走をベースに、スターティング・ブロックを使用しないなど独自のルールを採用。競技や種目などの隔たりを無くし、全ての人々がチャレンジできるための競技フォーマットとなっている。

 多田修平、小池祐貴らも出場したこの大会。7組で小学生たちと競った坂井はスタート直後から一気に抜け出すと、後続に大差をつけてフィニッシュ。表示板には「5.85」と表示され、観客からはどよめきが生まれた。正式タイムは5秒84となった。

 実際の映像をSprint 50 Challenge公式ツイッターが公開。「坂井隆一郎選手(大阪ガス)がSprint 50 Challenge最速タイム5’84を記録!!」などと伝えた。映像を見たファンからは「スタブロ無しでこの加速」「坂井ピッチ速すぎ笑」「これが本当の50メートル5秒台!」「エグい動きだな……」「ガチやん」などと驚きの声が集まった。

 昨年8月のアスリートナイトゲームズ(ANG)イン福井で5秒87をマークしている桐生も「負けた。何気に俺の5秒87も速いほうかな?笑」と反応。多田は5秒95、小池は6秒18だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集