[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「リーグ最高のPG」と指揮官絶賛 名古屋D・齋藤拓実、3P成功率55.6%が示す成長力

名古屋ダイヤモンドドルフィンズのバスケットボールが面白い。今季B1リーグ開幕からの6試合を4勝2敗で乗り切っていて、1試合の平均得点は「88.3」とリーグでも2番目の数字を記録している。

名古屋Dの新主将・齋藤拓実は今季、積極的に3ポイントシュートを狙い結果を残している【写真:B.LEAGUE】
名古屋Dの新主将・齋藤拓実は今季、積極的に3ポイントシュートを狙い結果を残している【写真:B.LEAGUE】

15日の横浜ビー・コルセアーズ戦では3ポイント「5分の5」と大当たり

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズのバスケットボールが面白い。今季B1リーグ開幕からの6試合を4勝2敗で乗り切っていて、1試合の平均得点は「88.3」とリーグでも2番目の数字を記録している。

 昨季の名古屋Dは西地区3位(34勝15敗)でチャンピオンシップに進んだものの、外国籍選手2人が負傷離脱するアクシデントもあり、クォーターファイナルで川崎ブレイブサンダースに敗れている。2022-23シーズンはショーン・デニス・ヘッドコーチ(HC)が2季目を迎え、齋藤拓実や張本天傑といった主力選手も残留。積み上げがあるなかで新シーズンを迎えていた。

 91-84で勝利した15日の横浜ビー・コルセアーズ戦の後に、デニスHCはこう口にしていた。

「相手のオフェンスリバウンドに我々は苦しめられましたし、ディフェンスが何回か崩れて特に前半は3ポイントを与え過ぎました。我々はチャンピオンシップチームになりたいので、いろんな波を乗り越えないといけません。今日はそれが良くできて、いろんな波を乗り越えて試合を終えられました」

 この日の立役者になったのが、ポイントガード(PG)の齋藤拓実だ。横浜BCのPGは河村勇輝で、“PG対決”も同カードの注目ポイントだった。27歳の齋藤と21歳の河村はいずれも170センチ台前半の小兵ながら、B1最高レベルのPGで、トム・ホーバス率いる日本代表の候補でもある。

 15日の齋藤は20得点、7アシストの活躍を見せた。相手のマークが厳しいなかで、第3クォーターの途中までは仲間を生かすアシストを量産しつつ、終盤の勝負どころではビッグショットを連発した。さらに3ポイントシュートは5本放って、すべて決めている。

 本人は「5分の5」と大当たりだったことについては「3ポイントは、トムさんのバスケットではかなり重要になってくる。そこは今シーズン積極的に打って、しっかり結果を残したいなという気持ちで入っている」とコメントしていた。齋藤は6試合を終えて、3ポイントシュート成功率が55.6%と強烈な数字を残している。

 昨季から齋藤を称賛するコメントを口にしていたデニスHCだが、改めてその能力を称えていた。

「リーグの中では最高のPGだと思っています。なぜナショナルチームでもっとチャンスがなかったのか、疑問なほどです。賢いし、大事な場面で点を入れてくれるし、大事な時にアシストもしてくれる。ディフェンスもみんなが思っているよりいい。リーダーシップの面でも、彼は今年挑戦しています。チームキャプテンになってオンコート、オフコートでチームを引っ張っていく存在になりました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集