[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元エンゼルス右腕、新加入でポストシーズン好投の要因「緊迫感や執念が強く関係する」

米大リーグ・フィリーズは15日(日本時間16日)、ナ・リーグ地区シリーズのブレーブスとの第4戦で8-3の勝利を収め、3勝1敗で12年ぶりにリーグ優勝決定シリーズに進出した。先発したノア・シンダガードは3回1安打1失点で勝利に貢献。「ここは競争的な環境なんだ」と喜びを語った。

ブレーブスとの地区シリーズに先発したフィリーズのノア・シンダガード【写真:ロイター】
ブレーブスとの地区シリーズに先発したフィリーズのノア・シンダガード【写真:ロイター】

シンダーガードが3回1失点

 米大リーグ・フィリーズは15日(日本時間16日)、ナ・リーグ地区シリーズのブレーブスとの第4戦で8-3の勝利を収め、3勝1敗で12年ぶりにリーグ優勝決定シリーズに進出した。先発したノア・シンダガードは3回1安打1失点で勝利に貢献。「ここは競争的な環境なんだ」と喜びを語った。

 今季途中までエンゼルスで大谷翔平と同僚だった選手2人が躍動した。シンダーガードは初回に2奪三振の好投。2回にはブランドン・マーシュ外野手が先制3ランを放った。シンダーガードは3点リードの展開でリリーフ陣へバトンタッチ。8月に新加入した2人が昨季ワールドシリーズ王者を敗退に追い込んだ。

 シンダーガードのインタビュー動画を米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターが公開。「トレード期限ギリギリで加入しましたが、何か特別なことを感じていますか?」の問いに対し、「まず最初に言いたいことは、なんて競争的な環境なんだということ。緊迫感や執念が強く関係していると思う。それに(今日の勝利は)熱狂的なフィリーズファンを味方につけた」と喜びを語った。

 さらにポストシーズンの先発について「こんな機会がもらえるなんて、とても興奮したよ。自分の力を信じた」と吐露。「手術の影響で2020年や21年はほぼ投げていないですよね。この(勝利の)一部になれたことはどのような意味を持ちますか?」という質問にはこう答えた。

「(トミー・ジョンのような)手術は誰が受けても(成功する)保証はない。回復が上手くいかなかった時、またプレーできるとは思わなかった。そこからこんな環境でプレーできた。最高の成績を残せた一年ではなく、起伏のあったシーズンだったが、自分には打者を打ち取れる能力があるんだ」

 エンゼルスでも先発ローテを任されていた右腕がきっちりを仕事を果たし、歓喜に浸ったようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集