[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスから解雇された男が首位打者争い 打率3割超えの躍動に指揮官称賛「誇りだ」

米大リーグ・ロッキーズのホセ・イグレシアス内野手が好調だ。昨季まで所属したエンゼルスでは、大谷翔平投手の本塁打の際に、ベンチ前のハイテンションな出迎えでも有名だった“元相棒”。23日(日本時間24日)の本拠地レンジャーズ戦では4打数無安打だったものの、今季は打率.308で首位打者争いに絡んでいる。米地元紙は「キャリア最高のシーズンの一つ」と注目。指揮官も「誇りに思うよ」と称賛している。

ロッキーズのホセ・イグレシアス【写真:ロイター】
ロッキーズのホセ・イグレシアス【写真:ロイター】

ロッキーズのイグレシアスに地元紙「キャリア最高のシーズン」

 米大リーグ・ロッキーズのホセ・イグレシアス内野手が好調だ。昨季まで所属したエンゼルスでは、大谷翔平投手の本塁打の際に、ベンチ前のハイテンションな出迎えでも有名だった“元相棒”。23日(日本時間24日)の本拠地レンジャーズ戦では4打数無安打だったものの、今季は打率.308で首位打者争いに絡んでいる。米地元紙は「キャリア最高のシーズンの一つ」と注目。指揮官も「誇りに思うよ」と称賛している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 昨季9月にエンゼルスから解雇、自由契約となり、レッドソックスへ移籍していたイグレシアス。今季はロッキーズで104試合に出場し、3本塁打47打点、打率は3割超えと、地区最下位のロッキーズで奮闘している。今季でメジャー10年目となる32歳を、米コロラド州地元紙「ザ・デンバー・ポスト」が特集した。

 同紙は「キューバから亡命したロッキーズのホセ・イグレシアスがメジャー10年目を迎えた」との見出しで記事を掲載。今季好調を維持するイグレシアスについて、「打者としてキャリア最高のシーズンのひとつを過ごしている」と脚光。「とても気分がいいし健康だ。動けているし、まだあと数年は高いレベルでできそう」と充実感を示すイグレシアス本人のコメントも紹介した。

 2011年にレッドソックスでメジャーデビューしたイグレシアスにとって、ロッキーズは6球団目。指揮官からの信頼も厚いようで、記事では、バド・ブラック監督が「現在の選手たちの才能豊かさがある中で10年間もこのレベルでプレーするのは偉業だよ。それ自体がその選手について多くを語っている。彼(イグレシアス)には『とても誇りに思う』と伝えたよ」と称賛していた。

 昨季エンゼルスでは114試合に出場し、8本塁打41打点、打率は.259。巧みな守備でも、たびたび会場を沸かせていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集