[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

古江彩佳、スーパーイーグル2発に謙虚 運の秘訣は「怒らない。クラブに当たらない」

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは15日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6689ヤード、パー72)で第2日が行われた。首位と1打差の2位で出た昨年大会女王の古江彩佳(富士通)は2イーグル、4バーディー、1ボギーの65で回り、通算13アンダーの単独首位。2位に3打差をつけ、日米ツアー通算9勝目に王手をかけた。

富士通レディース第2日、通算13アンダーで単独首位に立った古江彩佳【写真:Getty Images】
富士通レディース第2日、通算13アンダーで単独首位に立った古江彩佳【写真:Getty Images】

富士通レディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは15日、千葉・東急セブンハンドレッドC(6689ヤード、パー72)で第2日が行われた。首位と1打差の2位で出た昨年大会女王の古江彩佳(富士通)は2イーグル、4バーディー、1ボギーの65で回り、通算13アンダーの単独首位。2位に3打差をつけ、日米ツアー通算9勝目に王手をかけた。

 古江がスコアを伸ばし続けた。542ヤードの1番パー5。残り97ヤードの第3打を54度ウェッジでショットインイーグル。単独首位に浮上すると、522ヤードの7番パー5第3打でも、スーパープレーを見せた。グリーン手前から残り63ヤードのアプローチ。58度ウェッジで高さを抑え、かつスピンをしっかりと利かせた球はグリーンに着弾すると、ゆっくりとカップに消えた。

「イーグル2個ともショットで入ったのが大きい。2つともいい感じ。打った感触もよかった。イーグルはたまたまです(笑)。狙って入るわけではないので、神様が入れさせてくれたのかなと。ラッキーもありながらバーディーも獲れたのはよかった。うまく打てたショットがたまたま入ってくれた。今日は2日目なので自分のプレーにしっかり集中できればと思っていました」

 謙虚に振り返った22歳。運を上げるためにやっていることを問われると、「あまり怒らない。クラブに大きく当たらないことを心がけています」と笑った。

 今季から米女子ツアーを主戦場とし、7月のスコットランド・オープンで同ツアー初優勝。難コースでグリーン周り、ショットの精度がアップした。フルスイングをしない距離はもともと得意ではなかったが、海外では日本以上に必要になる距離。練習を繰り返し「まだ身についたかわからないけど、今のところは経験が生かせられたと思う」と成長を実感した。

 所属先主催のホステス大会となった約3か月ぶりの国内凱旋試合。勝てば国内ツアーは昨年11月のTOTOジャパンクラシック以来となる。「明日も変わらず自分に集中して、最後もアンダーで回れるように攻めるプレーができればと思います」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集