[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

球審の“誤審”に「ありがとう」 ヤンキース主砲も驚いた1球にファンが感謝したワケ

米大リーグ・ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が14日(日本時間15日)、本拠地ガーディアンズとのア・リーグ地区シリーズ第2戦で“誤審”の後に先制2ランを放った。3ボールからの一球がストライク判定に。直後に一発を放った動画が公開されると、米ファンからは「ナイス判定」「審判ありがとう」と球審への感謝の声が集まった。

初回に先制2ラン本塁打を放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:ロイター】
初回に先制2ラン本塁打を放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:ロイター】

スタントンの先制弾直前にあった出来事とは

 米大リーグ・ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手が14日(日本時間15日)、本拠地ガーディアンズとのア・リーグ地区シリーズ第2戦で“誤審”の後に先制2ランを放った。3ボールからの一球がストライク判定に。直後に一発を放った動画が公開されると、米ファンからは「ナイス判定」「審判ありがとう」と球審への感謝の声が集まった。

 ストライクで良かった。0-0の初回2死一塁で4番のスタントンが右打席に。カウント3-1から投じられた5球目は、外角低めのミットに収まった。一塁に歩きかけたが、球審はストライクの判定。スタントンは両手を挙げて驚いたような仕草を見せた。しかし、仕切り直しの6球目、速球を右翼席に運んでみせた。

 四球なら生まれなかった先制2ラン。際どい判定と本塁打の動画を米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターが公開した。コメント欄には、米ファンから「ナイス判定」「審判ありがとう」「ボールは嘘をつかない」「これが野球」「ガーディアンズにとっては災害」と反響が寄せられた。

 しかし、ヤンキースは延長10回の末に2-4で敗戦。両チームの対戦成績は1勝1敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集