[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 圧巻Vの山縣亮太、9秒台出した中国選手に挑戦状「日本代表としてアジアNO1目指す」

圧巻Vの山縣亮太、9秒台出した中国選手に挑戦状「日本代表としてアジアNO1目指す」

陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は23日、男子100メートル決勝が行われ、山縣亮太(セイコー)が大会タイ記録の10秒05(追い風0.6メートル)で5年ぶりの優勝。2着は10秒14でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。桐生祥秀(日本生命)は10秒16で3着。多田修平(関学大)は10秒22で5着。山縣とケンブリッジが8月のアジア大会の代表に内定した。

決勝は山縣亮太が10秒05(中央)、ケンブリッジ飛鳥が10秒14(左)、桐生祥秀が10秒16(右)を記録【写真:奥井隆史】
決勝は山縣亮太が10秒05(中央)、ケンブリッジ飛鳥が10秒14(左)、桐生祥秀が10秒16(右)を記録【写真:奥井隆史】

山縣、圧勝劇に「中盤で勝てるかもと思いました」と会心のレース回顧

 陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は23日、男子100メートル決勝が行われ、山縣亮太(セイコー)が大会タイ記録の10秒05(追い風0.6メートル)で5年ぶりの優勝。2着は10秒14でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。桐生祥秀(日本生命)は10秒16で3着。多田修平(関学大)は10秒22で5着。山縣とケンブリッジが8月のアジア大会の代表に内定した。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 日本最速スプリンターが決まった。2万人を超える観衆が注目した電撃の最速決戦を制したのは山縣だった。スタートから先頭に立つと、最後まで圧巻の走りで、ライバルを破り頂点に立った。

「最高に嬉しいです。混戦になるという予想だったので、中盤あたりで、そこでいかに硬くならないようにと意識したんですが、中盤で(自分が)抜けているのがわかったので、そこで勝てるかもと思いました。今までで1番タフだった。1番でゴールできて本当にうれしかったです」

「今回の日本選手権は勝ちたいレースだったが、そういうのよりも今年のレースを制して日本一になりたかったので、本当にうれしい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー