[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「どうやって打てと言うんだ」 ダルビッシュ登板中なのにESPN実況席が絶賛

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が7日(日本時間8日)、メッツとのワイルドカード(WC)シリーズ第1戦に先発。7回6安打1失点の好投で勝利投手となり、チームは地区シリーズ進出に王手をかけた。一方、試合を中継した米スポーツ専門局「ESPN」の実況席ではダルビッシュの登板中にもかかわらず、エンゼルス・大谷翔平投手の話題に。二刀流の今季の進化を褒めちぎった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

WCシリーズ第1戦の試合中に大谷の話題に「我々はもう一人、突然変化した投手を見ました」

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手が7日(日本時間8日)、メッツとのワイルドカード(WC)シリーズ第1戦に先発。7回6安打1失点の好投で勝利投手となり、チームは地区シリーズ進出に王手をかけた。一方、試合を中継した米スポーツ専門局「ESPN」の実況席ではダルビッシュの登板中にもかかわらず、エンゼルス・大谷翔平投手の話題に。二刀流の今季の進化を褒めちぎった。

 ダルビッシュの登板中、ESPN実況席はダルビッシュが他の投手を見て「このカーブを投げたい」と決めると、あらゆる情報を集め、1週間ほどで真似できてしまうという、MLB公式サイトで紹介されたエピソードを紹介。そんな変幻自在ぶりから「我々はもう一人、突然変化した投手を見ましたね」と大谷の話題を持ち出した。

「ショウヘイ・オオタニは突然シンカー/スライダータイプの選手になりました。最後の10試合くらいですかね」と言及。確かに大谷は7月以降、スライダーとツーシームを有効に使い、従来の高低を生かしたフォーシーム/スプリットの組み立てから、左右の幅を使ったピッチングスタイルに変貌した。

「ショウヘイ・オオタニが、どこからともなく、いきなり99マイルのシンカーとツーシームを投げ始め、加えてよく曲がるスライダーも投じてきたら、もうギブアップだ。どうやって打てと言うんですか」とESPN実況席でも驚きの声。ダルビッシュの登板中にも関わらず、MVP候補の二刀流が持ち上げられていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集