[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本GP初日から珍事 コース間違いで選手が困惑、海外反響「彼はどう走ってるんだ」

自動車レースのF1日本GPは7日から開幕。3年ぶりの開催とあり日本のファンも盛り上がっているが、フリー走行が行われた初日にはハプニングも。ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)の走行動画をF1公式ツイッターが公開すると、「マシンのせいにしている(笑)」「間違えたね」と海外ファンから注目が集まった。

ニコラス・ラティフィ【写真:ロイター】
ニコラス・ラティフィ【写真:ロイター】

 自動車レースのF1日本GPは7日から開幕。3年ぶりの開催とあり日本のファンも盛り上がっているが、フリー走行が行われた初日にはハプニングも。ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)の走行動画をF1公式ツイッターが公開すると、「マシンのせいにしている(笑)」「間違えたね」と海外ファンから注目が集まった。

 雨中の走行となった初日。ラティフィのコース間違えが話題になった。右に曲がるが、その先は行き止まり。本来曲がるべきカーブの手前に入ってしまったようだ。「何が起きてるのかちょっと分からない……」と困惑した様子のラティフィは「マシンが……ほんとおかしいんだよ」「ただ僕は大丈夫」と無線で話していた。

 実際の映像をF1公式ツイッターが「おっとっと」と文面に記して公開。海外ファンからは「カーブ間違えたね」「ラティフィには毎週彼だけのコースレイアウトを作るべき。そうすれば他の人やセーフティーカーにぶつからないから」「スキルの問題」「マシンのせいにしている(泣き笑いの絵文字)」「彼はF1でどうやって走っているわけ???」「そうだね。マシンが勝手に曲がったんだよ」「みんな何が起きたか分かってるよ……」などとコメントが集まっていた。

 8日のフリー走行3回目の結果、ラティフィは19番手に。昨年王者フェルスタッペンがトップタイム、角田裕毅は17番手となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集