[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「シンジ・カガワはメッシ、ロナウドのような日本のスター」 セネガル紙が最大警戒

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント(T)進出が濃厚となる大一番。2002年大会以来16年ぶりの決勝T進出を目指すセネガルメディアは、MF香川真司を最大警戒している。

セネガル紙に警戒された香川真司【写真:Getty Images】
セネガル紙に警戒された香川真司【写真:Getty Images】

セネガル紙が日本を特集「敏捷性の質の高さはセネガルにとって懸念」

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント(T)進出が濃厚となる大一番。2002年大会以来16年ぶりの決勝T進出を目指すセネガルメディアは、MF香川真司を最大警戒している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 コロンビアを相手に番狂わせを演じた日本。対戦国メディアも日本に対する印象を改めている。

 セネガル紙「Le Quotidien」は「敏捷性、日本の最大の武器」と題し、警戒を強めている。

 特に名指ししているのが日本が誇る背番号10だった。

「カガワをプレイメーカーとして置く4-2-3-1のフォーメーションでコロンビアにリードを奪うと、日本は相手をポゼッションで圧倒し、いわば敏捷性の質の高さを見せつけた。典型的な背の高いセネガル人が小柄な日本に対して懸念するものだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集