[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 喜びすぎの悲劇!? ブラジル指揮官の珍転倒シーンにサポ歓喜「壮観なリアクション」

喜びすぎの悲劇!? ブラジル指揮官の珍転倒シーンにサポ歓喜「壮観なリアクション」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は22日、E組で優勝候補ブラジルが苦戦の末、コスタリカを2-0で下し、初勝利。勝ち点4はスイスと並んだが、得失点差で首位に立った。0-0のままアディショナルタイムに入った後半46分にMFフィリペ・コウチーニョのゴールで均衡を破ると、その6分後にはエースFWネイマールが追加点を奪った。ネイマールの破れたソックスや、試合後の涙など見どころの多い一戦だったが、指揮官のずっこけシーンも話題を集めている。

ブラジルのチッチ監督【写真:AP】
ブラジルのチッチ監督【写真:AP】

ブラジル代表を率いるチッチ監督が先制点の瞬間に喜びのあまり転倒

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は22日、E組で優勝候補ブラジルが苦戦の末、コスタリカを2-0で下し、初勝利。勝ち点4はスイスと並んだが、得失点差で首位に立った。0-0のままアディショナルタイムに入った後半46分にMFフィリペ・コウチーニョのゴールで均衡を破ると、その6分後にはエースFWネイマールが追加点を奪った。ネイマールの破れたソックスや、試合後の涙など見どころの多い一戦だったが、指揮官のずっこけシーンも話題を集めている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 重圧を抱えていたのはネイマールだけではない。チッチ監督もよほどうれしかったのだろう。コウチーニョが均衡を破った瞬間だ。テンションが頂点まで上がった指揮官は、ピッチへ向けて走り出そうとしたが、気持ちとは裏腹に足がついてこない。

 スーツ姿の指揮官は、後ろから歓喜に沸く選手に押されてしまったのか、それとも足がもつれたのか、豪快に転倒。選手に抱きかかえられて立ち上がった。あまりに喜びが大きすぎたために起きた珍ハプニングだった。

 まかさのシーンを米スポーツ専門誌「スポーツイラストレイテッド」の公式ツイッターが動画で公開。また、米スポーツ専門局「FOXスポーツブラジル」もインスタグラムで「ブラジルがゴールを決めた:できる反応はこれしかない!」とのタイトルで取り上げている。

「VARが必要だ」
「ベストシーン」
「チッチの壮観なリアクション」
「アデノール(チッチ監督の本名)大好き」

 サポーターからはこのようなコメントがつけられ、お茶目な指揮官の姿に喜んでいるようだ。決勝トーナメント進出に一歩前進のブラジル。今後もチッチ監督の振る舞いから目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー