[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本は驕りが「全くない」 元セネガル代表10番が力説「我々は日本に対して弱者だ」

日本は驕りが「全くない」 元セネガル代表10番が力説「我々は日本に対して弱者だ」

ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント進出が濃厚となる大一番。FIFAランクでは上回るセネガルだが、元代表主将は日本について「とても謙虚で、たくさんの敬意と恐れを全員が持ってくる」と警戒。「我々は日本に対して弱者である」と“弱者の精神”を説いている。

ポーランド戦前に円陣を組むセネガル代表【写真:Getty Images】
ポーランド戦前に円陣を組むセネガル代表【写真:Getty Images】

初出場8強当時の背番号10ファディガ氏が力説「我々は日本に対して弱者である」

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日、第2戦でセネガルと激突する。互いに勝てば連勝で決勝トーナメント進出が濃厚となる大一番。FIFAランクでは上回るセネガルだが、元代表主将は日本について「とても謙虚で、たくさんの敬意と恐れを全員が持ってくる」と警戒。「我々は日本に対して弱者である」と“弱者の精神”を説いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ハリル・ファディガがライオンズに一層の謙虚さを請う」と特集したのは、セネガルメディア「Sene News」だった。

 記事では初出場だった02年日韓大会で10番を背負い、8強進出の立役者となった元セネガル代表MFハリル・ファディガ氏が母国の後輩たちにメッセージを送っている。

 初戦は格上とみられていたポーランドに2-1で勝利。欧州の強豪を破る番狂わせを演じたが、ファディガ氏は相手に隙があったとみている。「ポーランドはとてもお粗末だった。試合の前ですら彼らは我々を倒せると思っていたからだ」と指摘。試合直前まで“奢り”を感じたという。

 今回、反対の立場にあるのがセネガル自身だ。FIFAランクで日本を上回り、セネガル優位と見られている。ただ、同氏はポーランドと比較した上で、こう指摘する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー