[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

42歳プホルス通算703号で衝撃データ判明 61発ジャッジ超えの「この数字はおかしい」

米大リーグ・カージナルスのアルバート・プホルス内野手が3日(日本時間4日)、敵地パイレーツ戦で2試合連発となる24号2ランを放ち、通算本塁打を703号に伸ばした。引退間際に本塁打を量産する42歳に驚きのデータが判明した。

パイレーツ戦で通算703号となる2ランを放つプホルス【写真:ロイター】
パイレーツ戦で通算703号となる2ランを放つプホルス【写真:ロイター】

パイレーツ戦で今季24号、8月14日以降の16発量産は両リーグ1位

 米大リーグ・カージナルスのアルバート・プホルス内野手が3日(日本時間4日)、敵地パイレーツ戦で2試合連発となる24号2ランを放ち、通算本塁打を703号に伸ばした。引退間際に本塁打を量産する42歳に驚きのデータが判明した。

 4番で出場したプホルスは6回無死一塁、緩い変化球にタイミングを合わせ、豪快にフルスイングすると左翼席ポール際に豪快に突き刺した。敵地も大歓声。確信歩きで打球を見守った42歳はゆっくりとダイヤモンドを一周した。

 今季は700号到達が注目されていたが、8月以降は一気に量産。史上4人目の大台到達は9月23日(同24日)に達成した。この量産で、MLB公式サイトのサラ・ラングス記者は驚きのデーターを自身のツイッターで紹介している。それは以下の通り。

「8月14日以降の本塁打数

 アルバート・プホルス:16本
 アーロン・ジャッジ:15本
 マイク・トラウト:15本
 アンソニー・サンタンダー:13本」

 なんと、リーグ最多61発を記録しているヤンキースのジャッジを超え、8月14日以降の本塁打数は両リーグ1位。ジャッジがシーズン終盤に四球攻めでペースが落ちているとはいえ、驚きの数字であることに違いない。

 目の当たりにした米ファンからは「この数字はおかしい。アルバートは42歳だぞ」「大爆笑、なんだこれ」「プホルスが熱い」「レジェンドだ」「素晴らしい」「とんでもないね」との声が上がり、衝撃が駆け抜けていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集