[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪銅メダル&世界女王の先へ 坂本花織、新たな振付師と目指す「今までと違う」姿

フィギュアスケートの国際大会「木下グループカップ Japan Open 2022」(ジャパンオープン)が、10月8日にさいたまスーパーアリーナで開催される。3年ぶりに日本、北米、欧州の3地域に分かれ、アマチュアとプロの男女混合チームによる対抗戦が復活。各選手のフリースケーティングの合計点をチームの総合点とする団体戦形式で順位を決める。

「木下グループカップ Japan Open 2022」に出場する坂本花織【写真:PA Images/アフロ】
「木下グループカップ Japan Open 2022」に出場する坂本花織【写真:PA Images/アフロ】

フィギュアスケート「ジャパンオープン」に出場、今シーズンの戦いに見える変化

 フィギュアスケートの国際大会「木下グループカップ Japan Open 2022」(ジャパンオープン)が、10月8日にさいたまスーパーアリーナで開催される。3年ぶりに日本、北米、欧州の3地域に分かれ、アマチュアとプロの男女混合チームによる対抗戦が復活。各選手のフリースケーティングの合計点をチームの総合点とする団体戦形式で順位を決める。

 日本からは坂本花織(シスメックス)、紀平梨花(トヨタ自動車)、宇野昌磨(トヨタ自動車)、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)の4人が出場予定だ。本格的なフィギュアシーズンのスタートに向けて、どんな演技を見せるのか注目が集まるなか、「THE ANSWER」では今大会に出場するトップスケーターたちの今季に懸ける想いを紹介。今回は今年2月の北京五輪女子シングルで銅メダルを獲得し、3月の世界選手権で優勝した坂本花織が、キャリア最高のシーズンを経て取り組む新たな挑戦に注目した。(構成=THE ANSWER編集部、協力=テレビ東京)

 ◇ ◇ ◇

 世界女王として戻ってきた4年ぶりのジャパンオープン。「個人競技なので、チーム戦っていうのが滅多にないので、こういう特別な場面に自分が参戦できることはすごく嬉しいことだし、すごい楽しみにしています」と、坂本はいつもと変わらない柔らかな表情で抱負を語った。

 昨シーズンは自身にとって、キャリア最高と言える1年を過ごした。昨年11月のNHK杯で優勝すると、12月の全日本選手権も制して北京五輪出場権を獲得。2大会連続の出場となった五輪では、ロシア勢が表彰台を独占するとも言われていたなかで自己ベストを更新する演技を披露して3位に入り、日本女子4人目のメダリストとなった。さらに今年3月の世界選手権では、ウクライナ侵攻によってロシア勢が不参加となり、優勝の本命と目されたなかでしっかりと結果を残し、世界女王の座に就いている。

 そんな充実の昨季について、坂本は8月のインタビューで「去年(昨シーズン)までの結果はもう去年までの結果なので、今年にそういう気持ちを持ち越すことはなく、一から仕切り直して今シーズンに挑みたいので、新しい気持ちでここから戦えたらなと思っています」と振り返った上で、スケーターとしての“変化”について次のように語っている。

「今まではやっぱりどうしてもジャンプを跳ぶために、結構プログラム中、大半はジャンプのことしか考えていなかったんですけど、最近はやっとここの手を気をつけようとか表情とか、そういうジャンプ以外の振り付けの部分も考えられるようになってきたので、もうちょっと意識してできたらなとは思うんですけど、まず意識すること自体ができていなかったので、そこができただけ成長かなとは思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集