[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4位上田桃子、メジャー優勝へネット検索した言葉「タイガー メジャー どうしたら…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第2日が30日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。9位で出た上田桃子(ZOZO)が、5バーディー、5ボギーの72で回って通算イーブンパーとし、首位に2打差の4位につけた。ツアー通算17勝(海外1勝を含む)も国内メジャーは未勝利。悲願達成に向け、タイガー・ウッズの思考も参考にしていることを明かした。首位は通算2アンダーの木村彩子(富山常備薬)。

日本女子オープン、首位に2打差の4位につけた上田桃子【写真:Getty Images】
日本女子オープン、首位に2打差の4位につけた上田桃子【写真:Getty Images】

日本女子オープン第2日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第2日が30日、千葉・紫CCすみれC(6839ヤード、パー72)で行われた。9位で出た上田桃子(ZOZO)が、5バーディー、5ボギーの72で回って通算イーブンパーとし、首位に2打差の4位につけた。ツアー通算17勝(海外1勝を含む)も国内メジャーは未勝利。悲願達成に向け、タイガー・ウッズの思考も参考にしていることを明かした。首位は通算2アンダーの木村彩子(富山常備薬)。

 最終18番パー5。上田は1.5メートルのバーディーパットを決め、スコアをイーブンに戻した。メジャー設定の「我慢大会」。我慢に我慢を重ねながらスコアをキープした。

「ピン位置が厳しかったので、バンカーから寄らなかったり、ウェッジで池に入れたりもしましたが、ずっと『切り替え、切り替え』と思っていました。自分の目標があるので、こんなことでくじけられないと思いましたし、悔しかったからこそ、(ミスを)忘れられました」

 目標とは国内メジャー大会初制覇だ。ツアー17勝の実績はあるが、メジャータイトルには縁がない。そして、今季の開幕前に立てた目標が「メジャーで勝つ」。今大会に関しては、2020年3位、21年2位だっただけに、より思いを強くしている。日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯を19位で終えた後には、タイガー・ウッズの考え方をインターネットで調べたという。

「結構、へこんでいたので『タイガー メジャー どうしたら勝てる』で検索してみました。そうしたら、『日曜日をいい位置で迎えることを大事している』と書いてあったので、大会前から『日曜日にいい位置で』と思っていました。とりあえず、土曜日はいい位置なので明日も集中したいです」

 大会開幕2日前のプロアマ戦は、首痛で欠場。痛みで仰向けでは寝られない状態だったという。

「首の左側が痛くなりました。もし、千葉開催でなければ自分の(主治医がいる)病院にも通えなかったし、出場はできなかったと思います。毎年、決まった時期に出る痛みなんですけど……」

 痛みは背中にまで及んだが、医師の処置で和らいで、開幕前日には練習ラウンドがこなせた。初日をイーブンパーで終え、この日もスコアをキープ。首位とは2打差で決勝ラウンドを迎える。

「気持ちが先走らないようにしたいです。このコースは流れ1つで変わるので、厳しいところ、(バーディーを)獲れるところとメリハリをつけていきたいです」

 36歳の上田は今の心技体を結集し、メジャー大会出場52戦目で悲願達成を狙う。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集