[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、15勝目の裏で襲った3球連続微妙判定が米話題「審判は仕事を放棄した」

米大リーグのパドレス・ダルビッシュ有投手が18日(日本時間19日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、6回1安打無失点で自身10年ぶりの15勝目を飾った。リーグ最多今季23度目のクオリティ・スタート(QS)を達成する好投だったが、この試合である場面が米国で話題に。3球連続で際どい判定となり、四球を出した。実際の映像を米メディアが紹介し、ファン、実況席から“大ブーイング”が上がった。

15勝目を挙げたダルビッシュ有【写真:Getty Images】
15勝目を挙げたダルビッシュ有【写真:Getty Images】

際どいコースが3球続けてボールに…実況席も思わず「なんてことだ。冗談だろ?」

 米大リーグのパドレス・ダルビッシュ有投手が18日(日本時間19日)、敵地ダイヤモンドバックス戦に先発し、6回1安打無失点で自身10年ぶりの15勝目を飾った。リーグ最多今季23度目のクオリティ・スタート(QS)を達成する好投だったが、この試合である場面が米国で話題に。3球連続で際どい判定となり、四球を出した。実際の映像を米メディアが紹介し、ファン、実況席から“大ブーイング”が上がった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 話題となっているのは、パドレスが4-0とリードした5回1死走者なし、左打者のマルテを打席に迎え、カウント1-1となった場面。ダルビッシュはカットボールを外角高めに投げたが、ボールの判定。さらにカットボールを続け、外角低めに投げたが、これもボール。マウンドで少し驚いたような仕草を見せた。1-3となり、今度は内角いっぱいにカットボールを投げたが、またもボール。四球となった。

 中継画面ではいずれもストライクゾーンの枠内ギリギリに入っており、1球ならまだしも3球続けて際どいコースがボールとなった現地の実況席は「なんてことだ。冗談だろ?」と思わず声を上げたほど。米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」の番組「トーキン・ベースボール」公式ツイッターは「ストライクツー、スリー、フォー?」と“4ストライク”と言うように判定に疑問を投げかけ、動画を公開した。

 米ファンからは「審判は仕事を放棄している」「この3球は文字通り最高の投球」「馬鹿げている」「試合を台無しにした」「酷い」「いじめだ」「ストライクだ」とダルビッシュへの同情と判定への批判が寄せられた。その後は2死満塁となったものの、ピンチを脱したダルビッシュ。6回無失点で今季15勝目だ。判定で動じることのない落ち着きを発揮し、ナ・リーグ最多となる今季23度目のQSを達成した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集