[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

練習を「終わろう」と言うと拗ねた 19歳尾関彩美悠、ほんわかキャラの素顔を父が証言

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック(愛知・新南愛知CC美浜C)は18日、ルーキーの19歳・尾関彩美悠(あみゆ=フリー)がツアー初優勝を飾り、幕を閉じた。前週は同期の19歳・川崎春花(フリー)が日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯を制しており、史上初の異なる10代選手による2試合連続優勝となった。尾関の父でコーチの美成さんは、その晴れ姿を見つめつつ、父子の歩みを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

ツアー初優勝を飾った尾関彩美悠【写真:Getty Images】
ツアー初優勝を飾った尾関彩美悠【写真:Getty Images】

コーチを務める父・美成さんが語るV舞台裏、ほんわかに見えて超ストイックな性格

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス 東海クラシック(愛知・新南愛知CC美浜C)は18日、ルーキーの19歳・尾関彩美悠(あみゆ=フリー)がツアー初優勝を飾り、幕を閉じた。前週は同期の19歳・川崎春花(フリー)が日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯を制しており、史上初の異なる10代選手による2試合連続優勝となった。尾関の父でコーチの美成さんは、その晴れ姿を見つめつつ、父子の歩みを明かした。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 表彰式後の記念撮影。関係者が「お父さんも一緒に」と促したが、美成さんは「いいから、いいから」と言い続けた。取材には応じ、今の気持ちを問うと、「うれしいだけです。良かったです」と口元を緩めた。

 尾関は祖父・惇美さん、父・美成さんがティーチングプロで、自然とゴルフクラブを握った。

「本格的に始めたのは、小1でした。小5だった上の娘と同じタイミングでした」

 当初から、尾関は「プロになりたい」と言い、ゴルフにのめり込んだ。地元の岡山には渋野日向子をはじめ、須江唯加、小倉彩愛、桑木志帆ら強いジュニアゴルファーがおり、尾関は負けん気を見せながら練習を重ねた。

「ものすごく努力するタイプで、私にやらされるのではなく、自主的に練習をしてきました。『そろそろ終わろう』と言うと、はぶて(すねて)たりもします。私は細かいことは言わないし、迷ってアドバイスを求めてきた時だけ、気付いたことを言うようにしています」

 高3で日本女子アマチュア選手権を制し、初受験の最終プロテストは2位に3打差をつけてトップ合格。順調だったが、昨年12月のツアー最終予選会(QT)では、最終日に79と崩れて58位だった。結果、今季前半戦は出場機会が限られた。キャディーを務めていた美成さんは、「あれは私のせいなんです」と振り返った。

「最終日、前の組と間があいていたので、プレーが終わっていた娘に『順番じゃないけど、先に打て』と急かしたんです。そのホールでOBを打って、そこから調子を崩しました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集