[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、11勝目の裏で…球審に“無視”された珍事に米記者注目「これは面白い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げた。2-0の勝利の立役者となった試合では、打席で「ラッキー」な判定に遭遇。米記者が動画付きで「これは面白い」と伝えた。

敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が11勝目を挙げたブルージェイズ戦の珍事

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げた。2-0の勝利の立役者となった試合では、打席で「ラッキー」な判定に遭遇。米記者が動画付きで「これは面白い」と伝えた。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 1-0の8回1死一塁で迎えた大谷の第5打席。ファウルで4球粘り、フルカウントの9球目だった。相手右腕ガルシアの投球直前にタイムをとった。しかし、直前過ぎたためか、球審はこれを“無視”する格好に。89マイル(約143.2キロ)のスライダーは高めに外れ、四球となった。

 米地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番のジェフ・フレッチャー記者は動画を公開。「これは面白い。オオタニはタイムを要求して打席から離れたが、球審はタイムを取らなかった。3-2からの球だったが、オオタニは幸いなことにボールを得た」と記し、大谷をめぐる珍事を説明している。

 仮に、ガルシアの投球がストライクだったら見逃し三振という場面。しかも、この投球の際に一塁走者のフレッチャーがスタートを切っていたため、ダブルプレーの恐れもあった。それだけに米ファンからも「オオタニはラッキー」「球審は打者に注意が行ってないね」「スーパースターだからこうなった」といった反応が寄せられている。

 結果的に得点には繋がらなかったが、思わぬシーンが脚光を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集