[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の「究極の投手戦を目撃した」 敵地地元紙も称賛「観客は両先発に感謝する」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げた。チームは2-0で完封勝ちで2連勝。敵地の地元紙は「観客は究極の投手戦を目撃」と称えた。

7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が11勝目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、敵地ブルージェイズ戦に「3番・投手兼DH」で先発し、7回2安打9奪三振、無失点で今季11勝目を挙げた。チームは2-0で完封勝ちで2連勝。敵地の地元紙は「観客は究極の投手戦を目撃」と称えた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷は156キロの変化球で空振りを奪うなど、マウンドを支配した。今季最多109球の力投で無失点。一方、相手の先発右腕アレク・マノアも負けじとゼロを並べた。6回に1点を失ったものの、105球の力投。今季12勝を誇る24歳は7回4安打1失点で黒星を喫した。

 ファンを沸かせた2人の投げ合い。トロント地元紙「トロント・サン」は「ショウヘイ・オオタニはトロント打線を沈黙させ、アレク・マノアとの投げ合いも制した」との見出しで記事を掲載した。本文では「ショータイムとマノアの投げ合いは予想以上の盛り上がりだった」とつづり、こう表現している。

「観客はこの試合の先発投手に感謝することになるだろう」「オオタニは被安打2で11人連続アウトも記録した。マノアも引けを取らない投球を披露し、完売の観客は究極の投手戦を目撃した」

 敵地でも人気を集める大谷の力投。地元紙も拍手喝采の様子に脚光を浴びせていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集