[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

5戦連続KOの武居由樹、師匠・八重樫東も評価「少しずつボクサーらしくなってきた」

ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

初タイトルを奪取した武居由樹と師匠の八重樫東トレーナー(左)【写真:浜田洋平】
初タイトルを奪取した武居由樹と師匠の八重樫東トレーナー(左)【写真:浜田洋平】

東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ

 ボクシングの東洋太平洋スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチが26日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者の元K-1王者・武居由樹(大橋)が王者ペテ・アポリナル(フィリピン)に5回2分7秒TKO勝ちした。プロボクシング転向5戦目で初のタイトル奪取。無敗を守った。戦績は26歳の武居が5勝(5KO)、27歳のアポリナルが16勝(10KO)3敗。観衆は1420人。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 武居が初回から右フックを入れた。2回に猛攻。接近しながら右フックなどを浴びせ、ダウンを先取した。再開後も続けざまに連打をお見舞いし、2度目のダウンを奪う。3回も攻勢に出ると、4回にタイミングよく強烈な右フックを炸裂させ、3度目のダウンを奪った。決着は5回。反撃に出る相手のパンチをしっかりブロックしながら、右を浴びせた。最後は連打が入り、4度目のダウンでレフェリーストップ。ボクシングでもベルトを手にした。

 ボクシング転向後は元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに師事。同トレーナーもアマチュアから転向5戦目で東洋太平洋王座を手にした。武居はリング上で同じ5戦目で獲った選手がいることを知らされると、「や、八重樫さんですかね」と自信なさげに回答。会場の笑いを誘い、「5戦目で同じ5ラウンド。師匠と同じです!」と声を張り上げた。八重樫氏も両腕で丸をつくって応えた。

 試合後は陣営の大橋秀行会長とともに3人で取材対応。八重樫氏はこう振り返った。

「(同門の井上尚弥のスパーリングパートナーとして)ずっと見てきた相手。その対策と、(武居は)右手が強いので、左も当てていこうと思って左の練習をしてきた。課題ばかりになってしまうけど、伸びているし、少しずつボクサーらしくなってきた」

 武居は2020年12月の試合を最後にK-1を卒業。ボクシングに転向し、21年3月のデビュー戦で初回1分43秒TKO勝ちを収めた。2戦目は2分57秒、3戦目はわずか59秒で3戦連続初回TKO勝ち。今年4月の4戦目は13年全日本フェザー級新人王・河村真吾(堺春木)に2回1分22秒TKO勝ちした。

 大橋会長は「魅力は一発のパンチ。強い! (グラブが)14オンスでも倒すけど、8オンスになると倒れ方が凄い」と唸った。続けて「スーパーバンタム級が大変なことになってきた。尚弥さんが上げてきちゃう」と冗談交じりにコメント。バンタム級の井上が近い将来の階級転向を視野に入れており、井上の弟・拓真もスーパーバンタム級の日本タイトルなどを保持。同会長は隣に座る武居に向かって、「バンタムでも行けるだろう!?」と迫った。

 苦笑いの武居だったが、「できると思います」と自信。大橋会長が「スーパーバンタムじゃ(体が)小さい気がする」と話すと、八重樫氏も「尚弥の方が大きく見える」と語った。次戦はスーパーバンタム級で年内の防衛戦を見据えているが、現在の減量幅は7キロのため、まだ落とすことも可能だとみているようだ。

 井上が年内にバンタム級4団体統一を果たせば、来年にも階級を上げる可能性がある。そうなると、武居はバンタム級で世界戦を目指すかもしれない。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集