[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の残留は「多分ない」と米記者 否定的見解の理由「説得が間に合わないだろう」

球団の売却を検討していることを23日(日本時間24日)に公式ツイッターで発表した米大リーグ・エンゼルス。チーム内外に大きな波紋を広げているが、MLB公式サイトは「エンゼルスの売却がトラウトと大谷にもたらす影響は?」と題した特集記事を掲載した。中でも注目は大谷翔平投手の去就。米記者は「契約更新はないだろう」と見解を示している。

大谷翔平の去就に影響は?【写真:ロイター】
大谷翔平の去就に影響は?【写真:ロイター】

MLB公式サイトが「大谷にもたらす影響」を特集

 球団の売却を検討していることを23日(日本時間24日)に公式ツイッターで発表した米大リーグ・エンゼルス。チーム内外に大きな波紋を広げているが、MLB公式サイトは「エンゼルスの売却がトラウトと大谷にもたらす影響は?」と題した特集記事を掲載した。中でも注目は大谷翔平投手の去就。米記者は「契約更新はないだろう」と見解を示している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 エンゼルスを20年間保有したオーナーのアート・モレノ氏は「この難しい決断は我々の選択であり、十分に検討したが、私の家族と私自身は最終的に、今がその時だという結論に至った」と売却を決意するまでの経緯を公表。今後の焦点は新オーナーが誰になるのかというところに移ったが、同時に大谷の去就にも注目が集まっている。

 そんな中、MLB公式サイトは「エンゼルスの売却がトラウトと大谷にもたらす影響は?」との特集記事を掲載。「売却がどれくらいの期間かかるのか、興味を持っている買い手が誰なのかは不明だ。早くて今季後のオフに完了するとの見積もりはあるが、1年かそれ以上かかる可能性もある」と“短期決着”には否定的な見方だ。

 Webに掲載された記事内では、米専門局「MLBネットワーク」の番組「ハイヒート」の模様も動画で公開。出演した米紙「ロサンゼルス・タイムズ」のビル・シャイキン記者は大谷の残留について否定的な見解を示している。

「オオタニは勝てるチームでプレーしたい。エンゼルスとの契約更新? 多分ないだろう。新オーナーが説得できるか? 可能性はある。新オーナーがそれを実行するのは(大谷のFAまでに)間に合うのか? 多分間に合わないだろう。我々は動向を見守らなければいけない」

 23年シーズン後にフリーエージェントとなる大谷。今季はトレード期限まで移籍の可能性について米メディアが取り上げていたが、球団売却検討の発表によりまたも話題とされている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集