[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで生まれた鬼肩159キロ補殺 「まさにレーザー」「リーグ最高の肩」と米ファン仰天

米大リーグで衝撃のレーザービームが生まれた。24日(日本時間25日)のフィリーズ―レッズ戦で、レッズのアリスディデス・アキーノ右翼手が99マイル(約159.3キロ)の“鬼肩”を披露。相手の得点を阻止する補殺に、米ファンからは「ロケット」「現実離れしている」と驚きの声が上がっている。

レッズのアリスディデス・アキーノが強肩を披露【写真:Getty Images】
レッズのアリスディデス・アキーノが強肩を披露【写真:Getty Images】

レッズ右翼手のアキーノが披露した強肩

 米大リーグで衝撃のレーザービームが生まれた。24日(日本時間25日)のフィリーズ―レッズ戦で、レッズのアリスディデス・アキーノ右翼手が99マイル(約159.3キロ)の“鬼肩”を披露。相手の得点を阻止する補殺に、米ファンからは「ロケット」「現実離れしている」と驚きの声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 唖然と興奮が入り混じるビッグプレーだった。レッズは3点ビハインドの7回2死一塁の守備で、相手の4番リアルミュートに右翼フェンス直撃の一打を許す。ここでレッズの右翼手アキーノは、かなり深い位置でボールを拾うとステップを踏んでバックホーム。矢のような送球がワンバウンドで捕手に到達し、一塁からの生還を狙ったホスキンスを刺した。

 MLB公式ツイッターは動画を公開。「99マイルのキャノン。走ると、アリスティデス・アキーノに罰せられる」と文面に記し、返球が99マイルだったと伝えた。米ファンからは「ロケット」「マジでクレイジー」「まさにレーザービーム」「この送球はヤバイ」「リーグ最高の肩の持ち主」「現実離れしている」「マジで素晴らしい」など、驚きとともに称賛の声が寄せられている。

 アキーノのレーザービームで追加点を阻止したレッズは、8回に1点を返して反撃。しかし後が続かず、5-7で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集