[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボクシング界の23歳ホープがプロ2戦目へ アマ10冠・今永虎雅「かき回していきたい」

ボクシングで“アマ10冠”の23歳・今永虎雅(たいが、大橋)が26日、東京・後楽園ホールで行われるライト級(61.2キロ以下)6回戦でプロ2戦目に臨む。25日は都内で前日計量が行われ、今永は61.0キロ、対戦相手のジョン・ローレンス・オルドニオ(フィリピン)は60.6キロで一発クリアした。

前日計量を行った今永虎雅(右)【写真:浜田洋平】
前日計量を行った今永虎雅(右)【写真:浜田洋平】

23歳今永虎雅が26日ライト級6回戦でプロ2戦目へ

 ボクシングで“アマ10冠”の23歳・今永虎雅(たいが、大橋)が26日、東京・後楽園ホールで行われるライト級(61.2キロ以下)6回戦でプロ2戦目に臨む。25日は都内で前日計量が行われ、今永は61.0キロ、対戦相手のジョン・ローレンス・オルドニオ(フィリピン)は60.6キロで一発クリアした。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 計量を終えた今永は、落ち着いた表情で対戦相手と向かい合った。計量台の上で拳を握って自信たっぷり。「ここからリカバリーがあるので気を抜かずに調整します。体重はスムーズに落ちた」と明るく振る舞った。

 大阪・河内長野市出身のサウスポー。奈良・王寺工高時代に高校総体、選抜、国体を制した。史上初の高校8冠を達成し、東洋大に進学。国体と台北カップで優勝し、アマチュアタイトルは10冠だ。今年6月29日にB級(6回戦)デビュー。浜崎隆広(仲里)に2回KO勝ちし、プロ生活を幸先よくスタートさせた。

 今回の試合間隔はわずか2か月だが、「プロなので試合ができるのは凄くありがたい。それが仕事なので、早いとか遅いとかない。大丈夫です」とキッパリ。7勝(4KO)3敗1分けの相手に対しては「結構、振ってくる感じでパンチ力が凄い。打たれ強い印象。スピード、距離感、技術は負けてないので、かき回していきたい。KO負けがないらしいので、チャンスがあれば狙いたい」とKO勝ちを見据えた。

 将来の世界王座獲得も夢に見据える若きボクサー。「苦戦は絶対にできない。倒すチャンスがあれば行くけど、終わってみれば圧勝という感じになれば」と勝利と誓った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集