[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

危なかった大谷翔平、球審と上手くいかなかった意思疎通に米注目「腰が引けている」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点8奪三振で勝敗はつかなかったが、要所で踏ん張る粘りの投球を見せた。降板直前、球審と意思疎通がうまくいかずに生まれた“珍光景”も。米ファンからは「腰が引けている」「一晩中笑える」といったコメントが寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。6回7安打2失点8奪三振で勝敗はつかなかったが、要所で踏ん張る粘りの投球を見せた。降板直前、球審と意思疎通がうまくいかずに生まれた“珍光景”も。米ファンからは「腰が引けている」「一晩中笑える」といったコメントが寄せられている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 2-2で迎えた6回2死一塁。大谷がアダム・ブレイザーに投じた2球目が暴投となり、一塁走者に進塁を許した。プレー再開に向け、大谷に新しいボールを投げたラズ・ディアス球審。汗を拭っていた大谷はこれに気づいていなかったのかビックリした表情。自分の顔に当たる直前に、グラブに当てて危険を回避した。

 この映像を米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏が「ショウヘイは球を受け取る準備ができていなかった」との文面とともにツイッターで公開。米ファンからは「ショウヘイのファンが球審に黙っていない」「なぜ球審はショウヘイに当てようとしたのか?」とコメントされていた。

 また「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も「ラズ・ディアスとショウヘイ・オオタニのドッジボール」との文面でこの様子を自身のツイッターで紹介。笑いを誘われた米ファンからは「オオタニは腰が引けている」「笑った」「ショウヘイはドッジボールが苦手だ」「一晩中笑える」などと書き込まれた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集