[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 女子でも30代が存在感 36歳&35歳…ウィリアムズ姉妹で全豪頂上決戦実現

女子でも30代が存在感 36歳&35歳…ウィリアムズ姉妹で全豪頂上決戦実現

テニスの全豪オープン第11日目は女子シングルス準決勝が行われ、第13シードのビーナス・ウィリアムズがココ・バンダウェイ(ともにアメリカ)に、第2シードのセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)がミリヤナ・ルチッチバロニ(クロアチア)にそれぞれ勝利し、決勝進出を果たした。久々のファイナルでの姉妹対決実現に注目が集まっている。

女子でも30代が存在感 36歳&35歳…ウィリアムズ姉妹で全豪頂上決戦実現

 テニスの全豪オープン第11日目は女子シングルス準決勝が行われ、第13シードのビーナス・ウィリアムズがココ・バンダウェイ(ともにアメリカ)に、第2シードのセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)がミリヤナ・ルチッチバロニ(クロアチア)にそれぞれ勝利し、決勝進出を果たした。久々のファイナルでの姉妹対決実現に注目が集まっている。

 英公共放送「BBC」電子版では準決勝2試合の模様を速報で配信。「通算9度目のビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹による決勝戦が実現」とのタイトルで伝えている。記事では、36歳となった第13シードのビーナスがバンダウェイに6-7、6-2、6-3で2009年以来となる決勝進出、世界ランク2位で35歳のセリーナはノーシードのルチッチバロニに6-2、6-1で勝利し、通算23度目のシングルスのタイトル挑戦権を手に入れたことに触れ、それぞれの奮闘ぶりを紹介している。

 大会公式サイトでは第2試合のセリーナが勝利した直後に「セリーナが“オール・ウィリアムズ”のファイナルを実現」と配信。「セリーナは姉妹同士の直接対決で16勝11敗と優位を保ち、グランドスラム決勝では8試合のうち6勝を挙げている」と妹の優位を伝えている。

 男子シングルスでロジャー・フェデラー(スイス)やラファエル・ナダル(スペイン)ら30代プレーヤーの活躍に注目が集まった今大会だが、女子でもかつて最強を誇った姉妹が再び存在感を示している。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー