[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希が全米女子アマ決勝進出! 6H残して圧勝、日本人37年ぶりVについに王手

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第5日が12日(日本時間13日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6526ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準々決勝でロウレン・レハイ(米国)を4アンド3で破って4強入り。13日(同14日)の準決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高2で優勝を飾っており、37年ぶりの快挙にあと2勝に迫った。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

全米女子アマ選手権第6日

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第6日が13日(日本時間14日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準決勝で同じ17歳のベイリー・シューメーカー(米国)を7アンド6で破り、決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高2で優勝を飾っており、日本勢で37年ぶりの快挙にあと1勝。決勝は14日(日本時間15日)に36ホールで行われる。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 17歳対決は、馬場の圧勝だった。1番パー5をバーディーで奪うと、3番パー3、4番パー5、6番パー4は相手のボギーでゲット。続く7番パー4もバーディーで奪い、8番パー5は第1打を左に曲げてルーズ。そして、9番パー3では第1打をピン左3メートルにつけた。焦るシューメーカーは5メートルのパーパットを外した時点で、馬場にOKを出した。これで馬場の5アップで前半が終了した。

 大量リードだが、馬場は後半スタートの10番パー4も果敢に攻めた。第1打でフェアウェーをとらえると、第2打をピン下7メートルにオン。そして、バーディーパットを強めのタッチで決め、右拳を4度上下させた。

 迎えた281ヤードの12番パー4。馬場はドライバーショットで1オンに成功し、ピン下8メートルにつけた。イーグルパットは右に外れるも、バーディー。相手は4メートルのバーディーを決められず、6ホールを残して馬場の勝利が決定した。

 瞬間、馬場はキャディーから「勝ったよ」とささやかれ、「あ~っ」と驚きつつも笑顔を見せた。直後のインタビューで快進撃の要因を聞かれると、「Shot is good.」と返答。習っている英会話も披露しつつ、右手でサムアップポーズを決めてみせた。

 身長175.3センチでドライバー平均飛距離約270ヤードの馬場は、6月の全米女子オープンで日本人アマ8年ぶりの予選通過を果たし、この日、対戦したシューメーカーと同じ49位だった。7月は全米女子ジュニア選手権に出場。結果はマッチプレー2回戦敗退だったが、ストロークプレーの予選Rは首位通過でメダリストとなった。その後、一時帰国して同月下旬の関東ジュニア選手権(女子15~17歳の部)で優勝。今月4日には再渡米し、「全米アマは大学生も加わるので、よりレベルが高くなると思います。それでも優勝すれば、来年の全米女子オープンと全英女子オープンの出場資格を得られると聞いたので、そこを狙っていきたいと思います」と意気込んでいた。

 今大会は馬場ら日本人4人を含めた156人が出場。4人全員が予選Rを突破したが、昨年のオーガスタ女子アマチュアを制した梶谷翼(たけべの森GC)と長谷川せら(グリーンヒル関GC)は、マッチプレー1回戦で敗退。伊藤二花(麗澤高2年)は2回戦でケセリー・ベネット(オーストラリア)に5アンド4で敗れている。

 122回を数える全米女子アマで日本人が優勝したのは、85年の服部道子のみ。服部は88年にも準決勝に進出して4強、2016年には畑岡奈紗が8強入りしているが、馬場が新たな歴史を刻もうとしている。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集