[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、164kmライナー強襲で苦悶の表情 米悲鳴「NOOOO!彼を健康でいさせてくれ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発。ライナー性の打球が大谷を強襲した。米メディアが動画を公開。米ファンから「NOOOO! 彼を健康でいさせてくれ」と悲鳴が上がった。

「2番・投手兼DH」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
「2番・投手兼DH」で先発するエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平が104年ぶり偉業へ「2番・投手兼DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、敵地アスレチックス戦に「2番・投手兼DH」で先発。ライナー性の打球が大谷を強襲した。米メディアが動画を公開。米ファンから「NOOOO! 彼を健康でいさせてくれ」と悲鳴が上がった。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 大谷がピッチャーライナーを受けた。1-0の3回2死一、三塁。ラモン・ラウレアーノの打球が自身のもとへ。避けながらグラブをかすめたが、すね付近に直撃した。ボールを拾って一塁に転送。なんとかアウトにしたが、痛そうに足を引きずり、苦悶の表情を浮かべた。打球速度101.8マイル(約163.8キロ)だった。

 米メディアが動画を公開。米記者はツイッターで速報した。米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者は「ショウヘイ・オオタニがこのあと足を引きずってベンチへ戻った」と伝えた。投稿には、米ファンから「NOOOO! 彼を健康でいさせてくれ」「チームで最もタフな男だ」「マジか…彼はタフな男だな」と悲鳴まじりの声が上がった。

 勝てば、MLBでは1918年ベーブ・ルース以来104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打となる一戦。大谷に試練が訪れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集